feed markRSS

AIRPORT - マイケル・マクグリン(ANUNA)

2016.12.21update
play buttonplay list

PROGRAM CONCEPT

世界各地の個性的な音楽と出会う旅。そして新たな自分と出会う旅がはじまる。
今回はアイルランド ダブリンの作曲家、マイケル・マクグリンのインタビューをお届けします。
その土地の文化に影響を受けた、個性的な音楽と出会うための旅、お楽しみ下さい。

INTERVIEW

マイケル・マクグリン
アヌーナのリーダー兼音楽ディレクター。 アヌーナのすべての楽曲のアレンジやステージ・ディレクション、作詞作曲も行い、自身も優れたシンガーである。指導者としても世界的な権威であり、世界各地でワークショップやセミナーを開催し、声楽や合唱の国際コンクール、大学の講義などにも招かれている。 大学時代はアイルランド国文学を研究しており、ケルト神話やイェイツへの造詣が深い。また、兼ねてより日本文化にケルト文化との精神的な共通点を見ており、日本の伝統芸能や美意識に対する強い興味と理解を持っている。
Title :『レヴェレーション』
Artist : ANUNA
LABEL : Plankton
NO : VIVO270
RELEASE : 2015.12.20

DETAILS

これまで番組でもたびたび取り上げてきた「中世アイルランドの音楽を現代に甦らせる」というコンセプトのもと結成された男女混声の合唱団、ANUNAを率いるマイケル・マクグリン。今回は能 × ケルティック・コーラスの一大プロジェクト、ケルティック 能『鷹姫』で来日します。

ishida161216.png
アイルランドと日本の伝統芸能「能」、実は深いつながりがあり『鷹姫』は、アイルランドのノーベル受賞詩人、ウィリアム・バトラー・イェイツが100年以上前に能の影響を受けて書いた劇作品『鷹の井戸』が原作となっています。外国人が原作を書き、今なお繰り返し演じ続けられている唯一の演目この『鷹姫』が、 人間国宝・梅若玄祥と、ケルト最高峰のコーラス・アヌーナによってどのような融合を果たすのか。国境を越えた新たな芸能の誕生の瞬間とも言えるこのコラボレーション、とても楽しみです。
Takahime_main.jpg


【ケルティック 能『鷹姫』 公演情報】
日時:2017(平成29)年 2月16日(木曜日)開場18:00/開演19:00
会場:Bunkamura オーチャードホール
料金:S席 6,000円/A席 5,000円/学生席 4,000円(税込)
    ※未就学児入場不可
公式サイト: http://takahime.jp

出演:梅若玄祥(能楽観世流シテ方 人間国宝)
          アヌーナ(ケルティック・コーラス)    ほか

主催:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
助成・協力:東京都 
協力:朝日新聞社
制作:プランクトン 
制作協力:ダンスウエスト 
後援:アイルランド大使館

ケルティック能『鷹姫』ウェブサイト


アイルランドツアー


ARCHIVES

※番組は聴くことが出来ません
  1. Ireland
  2. Indian Ocean Islands
  3. Peru
  4. Bangkok
  5. Madrid
  6. Barcelona
  7. Uruguay
  8. Cuba
  9. Miyakojima
  10. Budapest
  11. South Italy
  12. Istanbul
  13. North Brazil
  14. Colombia
  15. Mali
  16. Senegal
  17. AFROBEAT SPECIAL
  18. South Africa
  19. Morocco
  20. Brazilian Music(with DORI CAYMMI INTERVIEW)
  21. Hawaian Music(with HAPA INTERVIEW)
  22. Bali Music(with Suar Agung INTERVIEW)
  23. Argentin Folklore(with Mariana Baraj INTERVIEW)
  24. Featuring HUGO FATTORUSO
  25. dedicated to DJANGO REINHARDT
  26. TETE INTERVIEW
  27. AFRO CUBAN ALLSTARS INTERVIEW
  28. ko-ko-ya INTERVIEW
  29. musica criolla(Peru)
  30. Andre Mehmari INTERVIEW
  31. Emi Meyer INTERVIEW
  32. Florencia Ruiz INTERVIEW
  33. 川村亘平(TAIKUH JIKANG) INTERVIEW
  34. Bombino INTERVIEW
  35. SAKAKI MANGO INTERVIEW
  36. Moreno Veloso × Saigenji 対談
  37. トリオ ケパソ?INTERVIEW
  38. feat bar buenos aires
  39. Carlos Aguirre『Orillania』特集
  40. JOSE ANTONIO MENDEZ特集
  41. OKI meets 大城美佐子『北と南』
  42. ジョー・バルビエリ INTERVIEW
  43. ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート『スニエ』特集
  44. ジューサ INTERVIEW
  45. ジャズ・マヌーシュ対談
  46. DOS ORIENTALES INTERVIEW
  47. DISCOVER NEW JAPAN 民謡ニューウェーブ
  48. バハグン・"バハグニ"・トゥルグティアン INTERVIEW
  49. ベト・カレッティ INTERVIEW
  50. キケ・シネシ『Live in sense of quiet guest: Carlos Aguirre』
  51. マテオ・ストーンマン INTERVIEW
  52. Roberto Taufic & Eduardo Taufic Duo特集
  53. マルシオファラコ INTERVIEW
  54. マルセル・パウエル『熱情のギター』特集
  55. ギジェルモ・リソット INTERVIEW
  56. BLACK WAX『BANG-A-MULI』特集
  57. Verano de Argentina(選曲-栗本斉)
  58. ウーゴ・ファトルーソ INTERVIEW
  59. TAIKUH JIKANG(川村亘平斉) INTERVIEW
  60. Lucid Fall特集
  61. カニサレス INTERVIEW
  62. フアナ・モリーナ INTERVIEW
  63. JOSE ANTONIO MENDEZ特集[ENCORE]
  64. feat BAR BUENOS AIRES[ENCORE]
  65. マテオ・ストーンマン INTERVIEW
  66. tribute to Django Reinhardt
  67. Florencia Ruiz INTERVIEW
  68. TAXI SAUDADE
  69. アーサー・ジェフスINTERVIEW
  70. ファンファーレ・チォカリーア特集
  71. ウーゴ・ファトルーソ INTERVIEW
  72. ボンゲジウエ・マバンドラ INTERVIEW
  73. アヌーナINTERVIEW
  74. 松田美緒INTERVIEW
  75. マイア・バルーINTERVIEW
  76. サム・モレーノ(マリアッチ・サムライ)
  77. TETE INTERVIEW
  78. Fete nationale francaise
  79. docambe
  80. Szaloki Agi
  81. Joe Barbieri
  82. 里アンナ
  83. IMPERIAL TIGER ORCHESTRA
  84. Hugo Fattoruso & Tomohiro Yahiro
  85. Balkan Beats Roberto Soko
  86. TAXI SAUDADE
  87. bar Buenos aires
  88. OKI DUB AINU BAND
  89. GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA
  90. AIRPORT - SARAVAHレーベル特集
  91. 滞空時間 川村亘平斎インタビュー
  92. Sukiyaki meets the world
  93. フラメンコ・カンタオール 石塚隆充
  94. Vaudou Game
  95. Dos Orientales
  96. 平安 隆
  97. マイケル・マクグリン(ANUNA)
  98. Arto Lindsay
  99. Santiago Beis
  100. 後藤 嘉文(JAZZ BATA)