feed markRSS

夜ジャズ.Net#102 - 小沼ようすけ

2017.3.15update
play buttonplay list

PROGRAM CONCEPT

オーセンティックなジャズ、そしてダンス・ミュージックを通過した世代が生み出すジャズ、そのどちらのリスナーにもリンクするミュージックプログラム。国も時代も超えた"夜ジャズ"の世界を堪能して下さい。
番組へのメッセージはこちら
この番組はエフエム京都(α-STATION)でもお楽しみ頂けます。
89.4 FM KYOTO 第1土曜日 23:00-24:00

NAVIGATOR

須永辰緒Sunaga t experience =須永辰緒によるソロ・ユニット含むDJ/プロデューサー。 DJとして東京、大阪でレギュラー・パーティーを主宰 。DJプレイでは国内47都道府県を全て踏破。欧州からアジアまで海外公演も多数。MIX CDシリーズ『World Standard』は10作を数え、ライフ・ワークとも言うべきジャズ・コンピレーションアルバム 『須永辰緒の夜ジャズ』は15作以上を継続中。国内から海外レーベルのコンパイルCDも多数制作。多数のリミックスワークに加え自身のソロ・ユニット”Sunaga t experience”としてアルバム5作を発表。最新作『STE』はDJ生活30周年を記念。ゆかりのあるアーティストをジャンルや国境を超えてフィーチャーしBLUE NOTEよりリリース。多種コンピレーションの 監修やプロデュース・ワークス、海外リミックス作品含め関連する作品は延べ200作を超えた。日本一忙しい”レコード番長”の動向を各業界が注目している。
Title : 『須永辰緒の夜ジャズ外伝2 All The Young Dudes~全ての若き野郎ども~』
Artist : V.A.
LABEL : Playwright
NO : PWT25
RELEASE : 2016.5.25

GUEST

小沼ようすけ2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。2004年のカメルーン出身のベーシストリチャード・ボナとのレコーディングを契機に、独自の方法論による指弾きスタイルを確立。ここ数年は様々な国を旅して得た影響、ワールドミュージック要素を自分の音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続ける。2010年フレンチカリビアンのミュージシャンとレコーディングした「Jam Ka」発売。グアドループの民族音楽グオッカの太鼓(ka)がフィーチャーされたこの作品で独自の世界感を展開。同年にBLUE NOTE NY & TOKYOでリリースライヴをおこなう。2014年、ワールドジャズをテーマに「GNJ」を発表。リーダー作以外のコラボレーション、セッションにも積極的に取り組み「トニーモナコ、小沼ようすけ&ジーンジャクソン」名義で活動するストレート・アヘッド・ジャズに現代性を加味したオルガンジャズトリオも高い評価を得ている。2016年、Flyway LABELを設立。第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」の続編、「Jam Ka Deux」をリリース。
GIBSON社、La Bella社エンドースメント・アーティスト。エレキギターの他にナイロン弦アコースティックギターも使用する。
Title : 『Jam Ka Deux』
Artist : 小沼ようすけ
LABEL : Flyway LABEL
NO : DDCZ2126
RELEASE : 2016.11.23

DETAILS

今回のゲストは、昨年デビュー15周年を迎えたジャズ・ギタリストの小沼ようすけさん。

onuma600.jpg
様々な国を旅して得た影響、ワールドミュージックの要素を自分の音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続けている小沼さん。

近年は、カリブ海に浮かぶフランス海外県グアドループの民族リズム"グオッカ"を採り入れたサウンドに魅せられ、"クレオール・ジャズ"を消化した新しいサウンドを聴かせてくれます。

昨年11月にはフレンチカリビアンのミュージシャンとレコーディングした作品『Jam Ka』(2010)の続編、『Jam Ka Deux』をリリース。NYジャズに代表されるコンテンポラリーなジャズとフィットする"クレオール・ジャズ"について詳しく伺いました。スタジオに持ち込んだギターで少し聴かせてくれています。

そしてこの新作のレコーディングメンバーを率いての来日ツアーが決定!RHファクターなどで知られるグルーヴマスター、レジー・ワシントン、マルティニーク島出身の気鋭のピアニスト、グレゴリー・プリヴァやグアドループのパーカッション奏者らとのセッション。これは本当に見逃せません!

Jam Ka Deuxスペシャルサイト

【Yosuke Onuma / Jam Ka Deux Trailer】
【Yosuke Onuma " Ti Punch " @ Sunset, Paris】

この番組は業務用総合食品卸事業を展開し、
日本の食文化をサポートしている「西原商会」協力のもとお送りしています。

西原商会HP
http://www.nishihara-shokai.co.jp/


jamkadeuxlive600.jpg
【Yosuke Onuma "Jam Ka Deux" Live tour】

2017.04.25(TUE) billboard LIVE OSAKA
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10328&shop=2

2017.04.26(WED) Blue Note NAGOYA
http://www.nagoya-bluenote.com/schedule/201704.html

2017.04.29(SAT) Blue Note TOKYO
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/yosuke-onuma/

MEMBER
Yosuke Onuma (guitar) 、Reggie Washington (bass) 、Arnaud Dolmen(ka, ds) Grégory Privat (piano & Fender Rhodes )、Olivier Juste (ka)

カリブ海に浮かぶフランス海外県、グアドループのリズム"グオッカ"を採り入れた力作『Jam Ka』から約7年。多彩な音楽性、指弾きによる美しい音色、圧倒的なテクニックで日本のギター界を牽引するギタリスト、小沼ようすけがその続編というべき最新作『Jam Ka Deux』を携えて登場する。14歳でギターを始め、2001年ソロ・デビュー。ジャズ、ポップス、ファンク等の要素をブレンドしたスタイリッシュなサウンドは海外でも厚い支持を得る。現在のパリはフレンチ・カリビアンのミュージシャンの台頭が目覚ましく、カリビアン・グルーヴとジャズの融合が活性化。気鋭ピアノ奏者グレゴリー・プリヴァらと共に、ギタージャズの新境地を開拓する。
ライブスケジュール


ARCHIVES

※番組は聴くことが出来ません
  1. 01 - Club Jazz
  2. 02 - Vocalist
  3. 03 - Vinyl
  4. 04 - Japanese Jazz Revival
  5. 05 - Finland Jazz
  6. 06 - EGO-WRAPPIN'×JAZZ
  7. 07 - Italy-Japan Jazz Scene
  8. 08 - Club Culture×Toshio Matsuura
  9. 09 - akiko × LONDON NITE
  10. 10 - Shuya Okino × Self Editing
  11. 11 - Kei Kobayashi × JAZZ DJ MEETING
  12. 12 - Kouki Hanawa × JAPANESE JAZZ
  13. 13 - Max Ionata × ITALIAN JAZZ
  14. 14 - Sunaga t Experience Special Feature
  15. 15 - A Year-End Party
  16. 16 - JABBERLOOP × Infinite Jazz
  17. 17 - FPM × JAZZ
  18. 18 - Saori Yano × BEBOP
  19. 19 - Syohei Muto × Punk Spirits
  20. 20 - Yuji Oono × Lupin Jazz Session
  21. 21 - Naoko Shimada × Something Jazzy
  22. 22 - Blu-Swing × Club To Jazz
  23. 23 - TRI4TH × Til The Debut!
  24. 24 - Mimori Takafumi × JAZZ JAPAN
  25. 25 - Chihiro Yamanaka × Jazz United
  26. 26 - Tsuyoshi Kawakami × Drinking Pals
  27. 27 - Namaoto Jazz Meeting(Part1)
  28. 28 - Namaoto Jazz Meeting(Part2)
  29. 29 - GUEST:なかの綾
  30. 30 - GUEST:SOFFet
  31. 31 - GUEST:FPM
  32. 32 - GUEST : Akiko Grace
  33. 33 - GUEST :細川克明 (GROOVE編集長)
  34. 34 - REGGAE INTERPRETATION Kind of Blue
  35. 35 - GUEST : 加藤紀子
  36. 36 - GUEST : 原哲夫・和加奈(Venus RECORDS)
  37. 37 - GUEST : Azumi
  38. 38 - GUEST : 由紀さおり
  39. 39 - 夜Jazz Meeting2011-2012
  40. 40 - CHAMP(YOSUKE TOMINAGA/OIBON/大塚広子)
  41. 41 - i-dep(ナカムラヒロシ)
  42. 42 - chihiRo(JiLL-Decoy association)
  43. 43 - FPMさん家でオーディオを愉しむ
  44. 44 - MARTER
  45. 45 - Papik
  46. 46 - TRI4TH
  47. 47 - 鈴木良雄
  48. 48 - クレイジーケンバンド
  49. 49 - イブラヒム・マーロフ
  50. 50 - 高澤綾
  51. 51 - 夜Jazz Meeting2012
  52. 52 - エリザベス・シェパード
  53. 53 - 金原千恵子
  54. 54 - グレゴリー・ポーター
  55. 55 - 井手麻理子
  56. 56 - Jukka Eskola Orquesta Bossa特集
  57. 57 - ソノダバンド
  58. 58 - 黒田卓也
  59. 59 - ケイシー・コスタ
  60. 60 - COLDFEET(Watusi)
  61. 61 - PE'Z
  62. 62 - 山本信太郎(元ニューラテンクォーター・オーナー)
  63. 63 - 夜Jazz Meeting2013
  64. 64 - Orange Pekoe
  65. 65 - 吉田類
  66. 66 - 金原千恵子
  67. 67 - 須永辰緒RECENT WORKS
  68. 68 - 中塚武
  69. 69 - Mark de Clive-Lowe
  70. 70 - Max Ionata
  71. 71 - HMV record shop 渋谷
  72. 72 - なかの綾
  73. 73 - Nia(ナガシマトモコ)
  74. 74 - Finland Jazz Special
  75. 75 - 夜Jazz Meeting2014
  76. 76 - 中納良恵
  77. 77 - Becca Stevens
  78. 78 - スチャダラパー
  79. 79 - 沖野修也(Kyoto Jazz Sextet)
  80. 80 - Kan Sano
  81. 81 - SHANTI
  82. 82 - New Century Jazz Quintet
  83. 83 - 山中千尋
  84. 84 - エミ・マイヤー
  85. 85 - Barbra Lica
  86. 86 - Nicola Conte
  87. 87 - 夜Jazz Meeting2015
  88. 88 - T字路s
  89. 89 - 浜田マロン
  90. 90 - JiLL-Decoy association
  91. 91 - 中塚武
  92. 92 - 岸本 亮(fox capture plan)
  93. 93 - なかの綾
  94. 94 - akiko
  95. 95 - Gilles Peterson
  96. 96 - DAYME AROCENA
  97. 97 - いとうせいこう
  98. 98 - Nao Yoshioka
  99. 99 - 夜ジャズミーティング2016
  100. 100 - 100th special
  101. 101 - 中平穂積
  102. 102 - 小沼ようすけ
  103. 103 - T字路s
  104. 104 - Ryu Miho