feed markRSS

JazzToday - 吉田サトシ LIVE

2021.2.10update
play buttonplay list
dynabook

PROGRAM CONCEPT

進化するジャズの姿を、リアルに体験する、Jazz Today。
拡張し混在するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズです。
セッションを繰り返し、アップデートし続けるジャズを、ライブならではの臨場感と共にお届けします。

  • JAZZ
  • CLASSIC
  • POP
  • SOUL
  • GROOVE
  • AMBIENT
  • CONTEMPORARY
  • IMPROVISATION
  • VOCAL
  • BEAT MUSIC
  • ELECTRONICS

DETAILS

今回は、グルーヴ溢れる演奏で知られる新世代のジャズ・ギタリスト、吉田サトシのLIVEをご紹介します。吉田サトシは、2001年Gibson Jazz Guitar Contestで最優秀賞を授賞。これを皮切りに頭角を現し、鈴木勲の“オマサウンド”やTOKUのバンドなど、ジャズの現場を拠点としながらも、MISIAや電気グルーヴら数多くのミュージシャンと共演。名だたる音楽家からその実力を評価されています。2014年にリリースしたリーダー作『Memento』はほぼ全編、NYで録音。ブルーノート・レコード初の日本人契約アーティスト、黒田卓也、ラシャーン・カーター、アダム・ジャクソンといったNYの気鋭ジャズ・ミュージシャンと共演したこの作品は、ブラックミュージックのエッセンスを凝縮した、まさに彼の音楽性を指し示すアルバムとなりました。
そして昨年末、6年ぶりとなる待望の新作『AFRICAN TECHNOPOLICE』をリリース。前作『Memento』と同じNYのメンバーと共に、更にグルーヴを深化させた内容。エフェクターによる空間的な広がりや、タイトなドラムなど、サウンドメイクにもこだわりを感じる刺激な1枚です。

今回お送りするのは、Ginza Sony Parkによる音楽と触れ合う新たな場を作るライブシリーズ「Park LIVE」でのライブ演奏。アルバムに参加したトランペッター、黒田卓也を迎え、ギターそしてパーカッションを加えた、スペシャルなセクステット編成。

現行のジャズやソウルを内包したサウンドをきかせる稀有なギタリスト、吉田サトシの世界をどうぞお楽しみください。


LIVE DATA

SATOSHI YOSHIDA Feat.TAKUYA KURODA AFRICAN TECHNOPOLICE
2021年1月22日
@Ginza Sony Park

吉田サトシ(g)
黒田卓也(tp)
小川翔(g)
中林薫平(b)
菅野知明(d)
山下あすか(per)


ライブファンズ

FPROFILE

吉田サトシ2001年にギブソンジャズギターコンテストで優勝し、プロとして活動をスタート。
2011年に1st Album 『Meant to Be』 を発表。
2014年に2nd Album 『MEMENTO』を発表。
MISIA,電気グルーヴ,KEIKO LEE,大西順子AWICH,RIRIなどのライブのサポートや高岡早紀への楽曲提供、アレンジ、ライブなども行なっている。
2020年12月16日に3rd Album『AFRICAN TECHNOPOLICE』をリリース。

https://www.instagram.com/satoshiguitar/

Title : AFRICAN TECHNOPOLICE
Artist : 吉田サトシ
LABEL : SOMETHIN’COOL
NO : SCOL1050
RELEASE : 2020.12.16


ここからスライドのスクリプト 個別ページの場合先にjQuery読み込み