feed markRSS

JazzToday - Namboku Records presents Lofi Improv.

2020.3.11update
play buttonplay list
dynabook

PROGRAM CONCEPT

進化するジャズの姿を、リアルに体験する、Jazz Today。
拡張し混在するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズです。
セッションを繰り返し、アップデートし続けるジャズを、ライブならではの臨場感と共にお届けします。

  • JAZZ
  • CLASSIC
  • POP
  • AMBIENT
  • CONTEMPORARY
  • IMPROVISATION
  • VOCAL
  • BEAT MUSIC

DETAILS

今回は、奇才、Aaron Choulai(アーロン・チューライ)が主催するレーベル、NAMBOKU Recordsがビートメイカーとコラボレーションしたイベント、「Namboku Records presents Lofi Improvisation」をご紹介します。アーロン・チューライは、パプアニューギニア出身のジャズピアニスト。ニューヨークや東京のジャズ、ノイズ、即興音楽のシーンでの活動に加え、近年は日本のヒップホップミュージシャンと積極的に共演するなど、ビート・メーカーとしても注目を集めています。

昨年には、自身が主宰するレーベル、「NAMBOKU Records」を始動。現代音楽やビートミュージック、ジャズ、ヒップホップ、エクスペリメンタルミュージック、邦楽器でのインプロビゼーションなど、彼の目利きによる自由なフォーマットでアートを発信しています。今回お送りするのはアーロンとは10年来の交流があり、互いの作品に参加するジャズサックス奏者、吉本章紘と一緒に企画・主催したジャズバンドとビートメイカーによるコラボレーションイベント。

独自のアンサンブルを展開するジャズバンドの演奏と、ビートメイカーが表現する、質の高い踊れる音楽が、老舗ジャズクラブ、ピットインの空間で融合。それぞれのグループが独自のパフォーマンスを展開、イベントとしての一つの流れを作り、ラストのセッションでは楽器を演奏するミュージシャンが全員で白熱のセッションを繰り広げました。いまの日本のジャズシーンにおいて重要なキーパーソンともいえるアーロン・チューライと吉本章紘の2人がプレゼンテーションする一夜の記録。是非お楽しみください。


NAMBOKU Records


LIVE DATA

Namboku Records presents Lofi Improv.
2020年2月27日
新宿 PIT INN

■吉本章紘 GROUP
吉本章紘(ss,cl)
アーロン・チューライ(acc)
千北祐輔(b)

■めぐたろう
大谷 愛(p)
中山健太郎(d)

■中島朱葉 Duo
中島朱葉(as)
魚返明未(p)

■ビートメイカー
フラッツ・スタンリー
アーロン・チューライ
FKD


ライブファンズ

FPROFILE

アーロン・チューライパプアニューギニア出身のジャズピアニスト/作曲家/ビートメーカー。ニューヨークや東京のジャズやノイズ、即興音楽のシーンなどでの活動に加え、MCのためのプロデュースなど幅広く活躍。2014年には、Freedman Fellowship Jazz Award受賞、2015年Mobb Deep Remix Contest優勝といったキャリアの持ち主でもある。
2003年にオーストラリア・メルボルンの音楽大学VCAを卒業後、様々なアーティストとの共演でピアニスト、そして作曲家として活動を広げる。2009年に東京に活動の拠点を移し、2013年には東京芸術大学音楽環境創造科修士課程を修了。プロデューサーとしてはNgaiire、MANTRA、Joelistics、KojoeやOlive Oilなどのアーティストと関係を持ち、同時にピアニスト、そしてバンドリーダーとしての活動も続け、定期的に日本国内外で演奏をしている。Title : VADA TAUDIA
Artist : Aaron Choulai Quintet
LABEL : Apollo Sounds
NO : APLS1707
RELEASE : 2017.9.13


FPROFILE

吉本章紘 テナーサックス・ソプラノサックス・フルート・クラリネット奏者 / 作曲家。 東京のコンテンポラリージャズ、モダンジャズ、フリージャズのシーンを行き来し、ビッグバンドオーケストラの一員やセクションワークの場でも活動を展開。2012年、自己のカルテットでアルバム"Blending Tone"(ディスク ユニオン)を発表。「先鋭的なコンテンポラリー・ジャズ から伝統的なブルースまで、違和感無く同居し、聞き手の心に自然に響く魅惑のテナー」と評され、NHK FMで も取り上げられる。
2017年、自己のバンド『深海魚』を結成すると、そのライブ模様がカナダの老舗ラジオ局で放送されるなど注目を浴び、2019年にはギタリスト大友良英氏をゲストに迎えた新宿ピットイン公演を盛況に収める。自身のレーベル"MOR Records" を立ち上げ、吉本章紘カルテット『Moving Color』(2015) 、吉本章紘・須川崇志デュオ『Oxymoron』(2017)、吉本章紘 Project『Nostalgic Farm』(2019) をリリース。 Title : Nostalgic Farm
Artist : 吉本章紘
LABEL : MOR RECORDS
NO : MOR1004
RELEASE : 2019.6.6


ここからスライドのスクリプト 個別ページの場合先にjQuery読み込み