feed markRSS

JazzToday - 広瀬未来・片倉真由子DUO Live

2022.1.12update
play buttonplay list
dynabook

PROGRAM CONCEPT

進化するジャズの姿を、リアルに体験する、Jazz Today。
拡張し混在するジャズのイメージをとらえる、ライブシリーズです。
セッションを繰り返し、アップデートし続けるジャズを、ライブならではの臨場感と共にお届けします。

  • JAZZ
  • CLASSIC
  • POP
  • SOUL
  • GROOVE
  • AMBIENT
  • CONTEMPORARY
  • IMPROVISATION
  • VOCAL
  • SSW
  • BEAT MUSIC
  • ELECTRONICS
  • WORLD MUSIC
  • FUNK JAZZ
  • BOSSA NOVA
  • BRAZILIAN MUSIC

DETAILS

今回は、いまの日本ジャズシーンのコアともいえる二人、ピアニスト・片倉真由子とトランペッター・広瀬未来のLIVEをご紹介します。広瀬未来は、作・編曲に優れ、ミュージシャンからの信頼も厚いトランペッター。自身のリーダー活動以外にも、大西順子や黒田卓也のプロジェクトメンバーとして、またMISIAのツアーへの参加など、多方面で活躍しています。片倉真由子は日本のジャズシーンにおけるファーストコール・ピアニスト。アメリカ留学時代にはハンク・ジョーンズやドナルド・ハリソンら数々の名手と共演。その安定したタッチやフィーリングには定評があり、ベテランから若手まで、彼女との共演を望む声はあとをたちません。
そんな、日本ジャズシーンの中心ともいえるこの二人の出会いはニューヨーク。当時、片倉はジュリアード音楽院の学生、そして広瀬は現地で演奏を行っていました。その後、日本で再会。片倉真由子クインテットとして共演していた際、ジャズレーベル、Days of Delightのプロデューサーの目に留まり、昨年、この2 人のDUOアルバム『Air』がリリースされました。

この作品のレコーディングは東京・南青山の岡本太郎記念館。半世紀にわたり岡本太郎が絵画制作を行なったアトリエで、使用ピアノは太郎が愛用した100年前のアップライト。ほとんどが1テイクで、収録は3時間ほどで終わった。こうして生まれたのがデュオアルバム『Air』。2021年11月4日にリリース。

スタンダードを中心に広瀬のオリジナルを収録したこの作品は、トランペットとピアノだけ。2人の相性を感じさせる、自由かつイマジネーション溢れる内容です。今回お送りするのは、全国5カ所で行ったレコ発ツアー最終日、神戸「100BAN Hall」でのライブ。
決めごともほとんどなく、すべてがその場で(即興で)組み立てられていく。
背後にあるのは、互いへの信頼とリスペクト。
そんな2人が織りなす温かく美しい音の対話、どうぞお楽しみください。


LIVE DATA

広瀬未来・片倉真由子DUO LIVE
2021年11月8日 @神戸100BAN HALL

広瀬未来(tp)
片倉真由子(p)


ライブファンズ

FPROFILE

広瀬未来1984年生まれ。甲南中学と同時にトランペットを始める。在学中より関西各地でプロ活動を開始し、2002年「中山正治ジャズ大賞」「なにわ芸術祭新人奨励賞」受賞。
2003年New Yorkに渡り、フリーランストランぺッターとして活動。ジャズをはじめサルサ、ヒップホップ、ファンクなど様々なジャンルのフィールドで活躍し、全米、ヨーロッパのライブハウス、ジャズフェスティバルなどに出演。自身のアルバムも2枚リリースし、各方面から絶賛を受ける。2014年拠点を日本に移す。2020年にクインテット編成による『The Golden Mask』を、2021年には片倉真由子とのデュオ『Air』、 Miki Hirose Jazz Orchestra名義の『Relight Delight』を立て続けにリリース。いま最も勢いに乗るトランペッターである。


片倉真由子洗足学園音楽大学を首席卒業後、2002年バークリー音楽大学に入学。2004年にpiano achievement awardとともに同大学を卒業。2005年ジュリアード音楽院に入学し、ピアノをケニー・バロンに、アンサンブルをカール・アレン, ベン・ウォルフに師事。在学中より、ハンク・ジョーンズ, ドナルド・ハリソン,エディ・ヘンダーソンら数々のジャズアイコンと共演。2006年、Mary Lou Williams Women In Jazz Piano Competitionで優勝するとともに、Thelonious Monk International Jazz Piano Competitionのセミファイナリストに選出。2020年には『plays Coltrane』『plays Standards』、RST Trio名義で『plays TOKI』の3タイトルをリリース。文字どおりのファーストコールとして日本のジャズシーンを牽引している。

Title : Air
Artist : 広瀬未来+片倉真由子
LABEL : Days of Delight
No : DOD-019
RELEASE : 2021.11.4


ここからスライドのスクリプト 個別ページの場合先にjQuery読み込み