JJazz.Net Blog Title

MJFJ2019_key-visual600.png


スイス本国のスピリットを継承しながら、日本独自の企画として2015年からスタートした「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」。

4度目の開催となる今年2019年からは東京・日本橋三井ホールをメイン・ステージとして装いも新たに、今週末<2019/10/12(土)- 14(月・祝)>開催となります。

マリーザ・モンチ12年ぶりの来日公演やクラブ・ジャズ・シーンを牽引し、2012年を最後に活動を休止していたフィンランドのジャズバンド、ファイブ・コーナーズ・クインテットの1日限りのリユニオン公演、そしてカート・ローゼンウィンケルがアルバム『カイピ』のメンバー、さらにはブラジル新世代ギタリストのペドロ・マルチンスを従えてのライブ等々、注目すべき公演が多数行われます。


montreux2.jpg


すでにソールドアウトになっている公演もありますが、「COREDO室町テラス」大屋根広場において、MJFJのサブステージや、その他、日本橋エリアでは入場無料のコンサートなども予定されています。

出演者やタイムテーブルなど詳しくはモントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」のオフィシャルサイトでご確認ください。

この秋の3 連休、見逃したくないジャズ・フェスティヴァルです。

現在台風19号が発生し、今週末に本州へ接近、上陸する可能性が高まっていますが、野外/屋内のイベント開催可否について10月10日(木)18時にホームページ、SNSにて発表されるとこのことです。





【公演名】
Montreux Jazz Festival Japan 2019


【日程】
2019年10月12日(土) ・13日(日) ・14日(月・祝)
10月12日(土):開場15:00/開演16:00
10月13日(日):開場15:00/開演16:00
10月14日(月・祝):開場15:30/開演16:30


【出演】
▶こちらよりご確認ください
https://www.montreuxjazz.jp/artist/


【会場】
日本橋三井ホール
〒103-0022東京都中央区日本橋室町2-2-1
COREDO室町1 5F(エントランス4F)
https://www.montreuxjazz.jp/venue/


【チケット】
▶こちらよりご確認ください
https://www.montreuxjazz.jp/ticket/


▶MONTREUX JAZZ FESTIVAL JAPAN 2019オフィシャルサイト
https://www.montreuxjazz.jp

2019年10月19日(土)鎌倉じゃず祭開催!:ライブ情報 / LIVE INFO

今年も鎌倉材木座の浄土宗大本山 光明寺にて「第7回 鎌倉じゃず祭 〜音のカーニバル〜」が開催。

18時からの2部には第一回から参加する鎌倉生まれのジャズ・シンガー牧野竜太郎、そして同じく鎌倉出身のジャズボーカリスト、阿川泰子が出演。
この2組をサポートするのが秋田慎治(p)、片野吾朗(bs)、河村亮(ds)という豪華メンバーによるスペシャル"鎌じゃず"トリオ、さらにフィーチャリングとして太田剣(sax)も参加します。


kamajazz600.jpg


【タイトル】
第7回 鎌倉じゃず祭 〜音のカーニバル〜


【日時】
2019年10月19日(土)
開場 15:00
開演 16:00〜20:00(終演予定)※途中休憩あります
※荒天中止

■第1部 16:00~
・有坂美香&The Sunshowers
・植木リトゥルエコーアンサンブル
・第4回鎌倉アカペラ鎌じゃず賞受賞者

<休憩 17:30~18:00>

■第2部 18:00~
・牧野竜太郎 with 鎌じゃずトリオ Feat. 太田剣
・阿川泰子 with 鎌じゃずトリオ Feat. 太田剣


【場所】
鎌倉 材木座 浄土宗大本山 光明寺
248-0013 鎌倉市材木座6-17-19
JR横須賀線鎌倉駅下車 
バス7番のりばより小坪経由逗子駅ゆき光明寺前バス停下車
http://park16.wakwak.com/~komyo-ji/html/accese.html(浄土宗大本山 光明寺)


【出演者】
■阿川泰子(鎌倉市出身ジャズボーカリスト)
■牧野竜太郎(鎌倉市出身ジャズボーカリスト)
Withスペシャル"鎌じゃず"トリオ Feat. 太田剣
(秋田慎治(p)/片野吾朗(bs)/河村亮(ds))
■有坂美香&The Sunshowers(ゴスペルクワイヤー)
■第4回カマクラ・アカペラ・サミット優勝バンド(9月28日開催)
■植木リトゥルエコーアンサンブル(鎌倉市在住の小学生バンド)


【料金】
前売 3,500円/当日 4,000円
全席自由席
中学生以下入場無料


【チケット販売】
電話予約  080-9151-8450(8/1〜10/18)
メール予約 ticket.kamajazz@gmail.com(8/1〜10/18)
店頭販売  たらば書房、松林堂書店、ジャズクラブダフネ、キビヤベーカリー本店、キビヤベーカリー売店"Come Va?"、Oui Oui、うつくしきもの松屋(逗子)


鎌倉じゃず祭 Official
鎌倉じゃず祭 facebook



カミラ・メサインタビュー[インタビュアー黒沢綾]:インタビュー / INTERVIEW

camilamezaINTERVIEW.jpg


チリ出身、現在はNYを拠点に活躍するシンガー/ギタリストのカミラ・メサ。

2016年の前作『Traces』ではシャイ・マエストロやケンドリック・スコットらが参加、近年は彼女の溢れる才能に世界中が熱い視線を送っています。

今年5月には弦楽四重奏からなるアンサンブル、The NECTAR ORCHESTRAとの最新アルバム『Ambar』をリリース。そして、その作品をたずさえて先日来日、完成度の高いアンサンブルを披露し観客を魅了しました。

今月10月の番組「PICK UP」では、そんなカミラ・メサとのインタビューを紹介しています。

https://www.jjazz.net/programs/pick-up/
(配信期間:2019年10月2日~2019年11月6日)

そして番組で紹介しきれなかったインタビューをこちらにまとめました。
番組と共にお楽しみ下さい!

[Interview:黒沢綾]


camila_kurosawa600.jpg


カミラ・メサ インタビュー


■5⽉リリースのニューアルバム『Ambar(アンバー)』 は弦楽四重奏を含むオーケストラ編成での作品。今までの作品とは違う新たな⼀⾯を見せていただきました。弦楽を取り⼊れたアンサンブル作品に行き着いた理由を教えて下さい。

[カミラ・メサ]
そもそもの始まりは6年ほど前。つまり前作『Traces』と並行して企画は進んでいたことになるわね。あのアルバムのサウンドは今回のサウンドとは随分違うものだけど、あの時点で今回のベースプレイヤーでもありストリングスアレンジを手掛けてくれたノーム・ウィーゼンバーグの共同作業が始まっていました。かねてから弦楽四重奏の音に惹かれていたという事もあって、今回のアルバムの方向性が見えてきた感じ。弦楽四重奏のサウンドはとてもリリカルで、シンガーとしてインスパイアされるものがあるサウンドなの。


■The NECTAR ORCHESTRAのレコーディングメンバーについて教えてください。

[カミラ・メサ]
まずはピアノとキーボードのエデン・ラディン。彼とは学生時代の友人だけど卒業してからの音楽活動が多いわね。そしてご存じ、ケイタ・オガワ。日本のドラマー、パーカッショニスト。それから先程紹介した、ベースのノーム・ウィーゼンバーグ。で、ニューヨークのオリジナルメンバーの中には日本人バイオリニスト大村朋子さんがいます。そしてフォン・チェム・ホェイ(バイオリン)、ベンヤミン・フォン・グートツァイト(ヴィオラ)、ブライアン・サンダース(チェロ)というメンバーです。


■オーガニックでありながら現代的なサウンド。作曲やサウンド⾯で今回特に意識されたことは?

[カミラ・メサ]
重要視したことのひとつとして、曲の持つストーリーを伝えるということ。そして音の重なり。例えるなら絵画のような。見るたびに違うディテールに見えてくるような感じ。その時の自分の感情によって、異なる部分に惹かれることがあるでしょ。The NECTAR ORCHESTRAはそういった体験をしてもらおうと意図しているの。アルバムを聴く度、以前は聴こえなかった音が聴こえるという新たな発見があればと。それは、作る側としても聴き手としても好きなアプローチなの。


■アルバムを通して生命力のある一枚だと感じました。タイトル『Ambar』にこめた意味を教えてください。

[カミラ・メサ]
生命力、それがこのタイトルにこめた想いと繋がります。感じてもらえて嬉しいわ。
『Ambar』(=琥珀)という言葉には様々なメタファー(隠喩)が含まれている。木々が排出した樹液が時間をかけて化石化し、のちに琥珀となる。樹木に傷がついた時、自らの樹液で補修、癒してゆくというプロセスがあるの。だから自らが秘めているパワーをこの言葉は表しています。
同時に、石になった琥珀そのものが「ネガティブなものをポジティブにエネルギー変換する」という意味合いを持つ石だということも後から知ったわ。曲を創作する、音楽を表現する過程とはそういうものよね。自分から発するものが琥珀という結晶となって皆さんのもとに届く。癒し、とは美しい概念だと思います。


■サウンド面に注目されることが多いと思いますが、私はシンガーソングライターとして作詞のプロセスにも興味があります。どういったヒントやアイデアから言葉を生むのでしょう。

[カミラ・メサ]
ここ6年くらいを振り返って思うのは、歌は「祈り」に近いものだということ。自分が書いたものをパフォーマンスするたび、歌詞を反芻しているわけよね。繰りかえし繰りかえし。だから言葉は大切だし尊重しないとね。だって、言葉の積み重ねで自分の現実は出来上がっていくものでしょう?だから慎重に注意を払っているわ。特に、悲しみや葛藤の感情。どうやっても自分の中では解決し難い、どちらかというと居心地の良くない感情を歌詞にする時ね。そういう時は、自分自身を友人と見立てて語り合っている事にするの。「大丈夫だよ」「うまくいくから」と言ってあげて安心を得ていくの。すると歌うたびにその居心地の悪かった感情が良いものに変わってゆく。それが歌詞を書くことの醍醐味だと思ってるわ。
分かりやすい題材としては、自然、人間関係、色彩、人生そのものがインスピレーションになっているわね。


■あなたの作品は現代ジャズシーンからも注⽬されています。 NYに渡って10年ほど経ちますが、NYジャズシーンがあなたに与えた影響は?

[カミラ・メサ]
やはりとても刺激的ね。現地の人々、特に音楽に関わっている人たちって、常に一番いい自分でいるよう努めている。最高の音楽が作れるようにと。そういった一人一人のエネルギーが伝染するのね、私も最善を尽くしたいと常に思っているわ。そういう環境にいることが一番の刺激ね。


■旅やコンサート続きだと思いますが喉のケアや普段気遣っていることを教えてください。

[カミラ・メサ]
とにかくたくさん水を飲む。あとヨガ。朝、習慣的にやりたいと思っているけど時差ボケが酷い事もあってなかなか難しいけど。あとは睡眠が大事!って分かっているけど、コンサートが終わったら皆で盛り上がっちゃう時もあるし。(笑)、でもやっぱりショーの直前にはウォームアップが欠かせない。いきなり筋肉を使うことがないように心掛けているわ。


■気が早いですが、次回作の構想などあれば教えてください。

[カミラ・メサ]
実はつい最近NYでパフォーマンスをした「PORTAL」というタイトルの1時間分の音源はあるの。それとは別として、やりたいと思っていることは沢山ある。いつかやりたいのはソロアルバムを作ること。その時はエレクトリック要素も入れたいわ。そしてラテン系、具体的に言うと故郷チリのミュージシャンに捧げるテーマで作品作りがしてみたい。ほかにも色々と考えてるので楽しみにしていて!


[Interview:黒沢綾]


【Camila Meza - All Your Colors (Official Video)】



【Camila Meza & The Nectar Orchestra (Live) | JAZZ NIGHT IN AMERICA】




ALBUM情報

ambar200.jpg

タイトル:『Ambar』
アーティスト:Camila Meza
発売日:2019年5月29日
レーベル: CORE PORT
製品番号:RPOZ-10047



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.カルフ
02.ワルツNo.1
03.アウェイクン
04.ディス・イズ・ノット・アメリカ
05.オーリャ・マリア
06.夕暮れ
07.オール・ユア・カラーズ
08.ミラグリ・ドス・ペイシェス(魚たちの奇跡)
09.インタールード
10.アンバー
11.フォール
12.ククルクク・パロマ

camilamezaA600.jpg
CAMILA MEZA [カミラ・メサ] プロフィール

チリ出身のシンガー/ギタリスト/作曲家。16才から活動を開始して2枚のアルバムをリリース後、NYニュースクールに入学してからはNYを拠点として活動。ファビアン・アルマザン、ライアン・ケバリー他多くの話題作に参加しつつ2016年作『Traces』で本格的にシーンの重要人物として脚光をあび、2年連続でダウンビート誌クリティック・ポール「Rising Star」に名を連ねる。2016年シャイ・マエストロとのデュオで日本ツアー、2017年はヨーロッパ・ツアー、ライアン・ケバリー・カタルシスのメンバーとして来日、さらにシャイ・マエストロ・トリオのフィーチャリングとして東京JAZZに出演。近年はストリングス・カルテットを擁したThe Nectar Orchestraを率いて活動中。そのグループと共に2019年に待望のメジャー・デビュー・アルバム『Ámbar』を発表。

https://camilameza.com/


kurosawa600_new.jpg

黒沢綾 (Singer,Piano) プロフィール

幼少よりクラシックピアノ、作曲、クラシック声楽を学ぶ。尚美学園大学JAZZ&POPSコースに入学後、自然な流れでジャズに傾倒。在学中よりプロとして活動をスタート。同コースを首席で卒業。以降、都内近郊でジャズシンガーとして着実にキャリアを重ねながらオリジナル曲を制作。2009年アルバム『うららか』、2013年『Twill』をリリース。ソングライターとして確かな実績を持つ。また上田力率いる【Jobim my Love】プロジェクトに10年以上ヴォイスアーティストとして参加。南米音楽への造詣を深める。ジャズの形式を用いた自由な音楽性、歓びに満ちたサウンドスケープをモットーとする。透明感あるクリスタルヴォイス、また楽器としての声による即興的なアプローチを得意とすることからヴォイス・プレイヤーとしてジャズ・コンテンポラリー作品に参加。参加作品は、栗林すみれ『Pieces of Color』、千葉史絵『Beautiful Days』、岸淑香『feat.手』等。またparis matchのコーラスを2011年から務め、Billboard Live TOKYOをはじめコンサートやツアーに参加。相撲と着物とジャズをこよなく愛す和洋折衷シンガー。
現在、インターネットラジオ・ステーションJJazz.Netの番組ナビゲーターをつとめる。

オフィシャルブログ

TAMAXILLE SPECIAL 2DAYS @新宿PIT INN:Pit Inn Live Invitation

毎月新宿ピットイン注目のライブをピックアップしている"Pit Inn Live Invitation"。
今回は、10/30、10/31と2daysが決定した、「TAMAXILLE SPECIAL 2DAYS 」をピックアップします。

191030tamaxille.jpg

*******************************************************************

■開催日:10/30 & 10/31【TAMAXILLE SPECIAL 2DAYS】at 新宿PIT INN

■開催時間:19:30 Open 20:00〜 ¥3,000+Tax(1Drink付)

■メンバー:本田珠也(Ds)類家心平(Tp)井上 銘(G)須川崇志(B)

*******************************************************************

本田珠也リーダーのこのカルテットも結成4年目。

この2DAYSは、両日ともにゲストはなし。

すでにメンバー全員がリーダーとしても活動する、このメンバーならではの熱いセッション。

どうぞお見逃しなく。

今回はコチラの公演の「Day2」10/31(木)に、JJazz.Netリスナー(1組2名様)をご招待します。 

>> インビテーション応募ページはコチラ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ALBUM情報



51jmqhy+PFL._AC_.jpg
タイトル:『TAMAXILLE』
アーティスト:TAMAXILLE 本田珠也(Ds) 類家心平(Tp) 須川崇志(B) 井上 銘(Gtr)
発売日:2017年10月25日
レーベル: ピットインミュージック



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
1. Solar (Miles Davis)
2. Quiet Moment(辛島文雄)
3. Right Off (Miles Davis)
4. I Remember Clifford (Benny Golson)
5. 流氷(日野元彦)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

My First Jazz Vol.18-Grace Mahya:My First Jazz

Title : 『GERSHWIN'S WORLD』
Artist : HERBIE HANCOCK

gershwinsworld500.jpg


「私はもともとずっとクラシックをやっていたので、ラヴェルとかもちろん大好きだったのですが、このアルバムの中で「ピアノ協奏曲ト長調」をハービーが演奏しているのを聴いて衝撃を受けたんです。

この曲では、ハービーがアドリブをしながらオーケストラと共演しているんですが、ラヴェルの原曲はよーく知っていたから最初は「ん?違う?あれ?」と思ったけど、ハービーの頭の中や、心の中が、ラベルの音楽と一緒に動いてて、彼の耳にはこういう風に聴こえているんだって。その組み合わせがなんとも衝撃的でしたね。

(私はクラシック畑でやってきたので)ジャズをはじめたときプレッシャーやコンプレックスがあったんです。でもこれまでやってきたクラシックを捨てたくはないと思っていて、ライブではアドリブでクラシックの要素を取り入れたりしていたんです。そんな中この曲を聴いて、「ジャズもクラシックもどっちも大事にしてもいいんだ」と思ったんです。音楽は音楽だから大丈夫なんだって。ジャズの懐の深さを知った、まさにTOUCH OF JAZZしたとても大切な曲です。」

グレース・マーヤ

グレース・マーヤ Official


【HERBIE HANCOCK - Concerto For Piano And Orchestra In G Major】





My First Jazz

gershwinsworld200.jpg

Title : 『GERSHWIN'S WORLD』
Artist : HERBIE HANCOCK
LABEL : Verve
発売年 : 1998年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. Overture (Fascinating Rhythm)
02. It Ain't Necessarily So
03. Man I Love, The
04. Here Come de Honey Man
05. St. Louis Blues
06. Lullaby
07. Blueberry Rhyme
08. It Ain't Necessarily So (Interlude)
09. Cotton Tail
10. Summertime
11. My Man's Gone Now
12. Prelude in C Sharp Minor
13. Concerto for Piano and Orchestra in G, 2nd Movement
14. Embraceable You

アーカイブ