JJazz.Net Blog Title

My First Jazz Vol.14-Koichi Sato:My First Jazz

Title : 『At The Pershing: But Not For Me』
Artist : Ahmad Jamal




「いかに速く弾くか、いかに難しいフレーズを弾くか、そんなどうでもいいことを吹き飛ばしてくれる1枚。ただただバンドがグルーヴさえしていれば良いのだと、このアルバムが教えてくれました。Ahmad Jamalのスペースたっぷりで全体の空気を支配するような繊細且つ大胆なピアノ。Israel CrosbyとVernel Fournierのひたすらグルーヴし続けるリズムセクション。とにかく美しくて気持ち良いトリオです。ここには自分にとって大切なことがいっぱい詰まっています。」

佐藤浩一

佐藤浩一Official


【Ahmad Jamal - But Not For Me】




My First Jazz

atthepershing200.jpg

Title : 『At The Pershing: But Not For Me』
Artist : Ahmad Jamal
LABEL : Argo Records
発売年 : 1958年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.But Not for Me
02.Surrey With the Fringe on Top 
03.Moonlight in Vermont
04.Music! Music! Music! (Put Another Nickel In)
05.No Greater Love
06.Poinciana
07.Woody 'N You
08.What's New

bar bossa vol.82:bar bossa

barbossabanner201507.jpg


vol.82 - お客様:横山起朗さん

【テーマ:夜に聞きたい5曲】


いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

今日はピアニストの横山起朗さんをお迎えしました。


林;こんばんは。早速ですがお飲物はどうしましょうか?


横山;何か冷えた白ワインをお願いします。少し暑いのでヴィーニョ・ヴェルデのような軽やかなものだと嬉しいです。


林;横山さん、ワインの趣味がいつも良いんですよね。じゃあヴィーニョ・ヴェルデ開けますね。どうぞ。


横山;いただきます。


林;お生まれは?


横山;1989年8月15日宮崎県宮崎市出生。盆の忙しい時期に生まれてしまいました。僕の祖父はクラシック音楽がとても好きな人で、物心ついた頃には、耳元でバッハやショパンなどが流れていました。祖父のCD棚から好きな曲を見つけては、テープに好き勝手に録音をして、車の中で聴くのが楽しみでした。交響曲などがあれば、作曲家をバラバラにして、第一楽章をベートヴェンの第7番から、第二楽章を、ラフマニノフの第2番から、と構成して聴くのが好きでした。


林;え、すごく面白い聴き方ですね。初めて買ったCDは?


横山;初めて買ったCDはクラシックではなく、宇多田ヒカルの『automatic』でした。


林;なるほど。ピアノはどういうきっかけで?


横山;僕がクラシック音楽を好んで聴いていたこともあって、母がピアノを習うことを提案し、母の友人だった先生にレッスンをしてもらう事になりました。6歳くらいだったと思います。一度レッスンの見学に行ったのですが、レッスンは厳しく、僕と同い年の生徒は泣いていて、レッスン後に生徒に鍵盤を背にして先生が鳴らした音を当てるクイズ(聴音)をしていて、僕にはすごく難しいことをしているように見えたので、なんだがやばいところに来ちゃったな、と思った記憶があります。この頃の僕は音楽家として何かしたいというより、お笑い芸人になって人を笑わす事が出来たら、と思っていました。


林;お笑い芸人... 全然そんなキャラじゃないですよね。その後は?


横山;中学に入ると、僕は友人の影響もあってヒップホップを聴くようになりました。宮崎は今でもヒップホップやレゲエの人気があります。ダンジョンモンスターでラップが注目をまた浴びましたが、 GODOROという人気ラッパーも宮崎出身です。雑誌はいわゆるb-boy系のものを読み、ファッションもサイズ感の大きいものを着るようになりました。


林;正しい若者ですね。その後は?


横山;高校生になると、音楽科のある高校だったのでクラシック音楽を勉強という形で触れていくようになりました。その反発も少しあったのか、もう知ってるからいいや、という生意気さもあって、別の音楽ばかり聴くようになりました。ヒップホップはやはり好きで、ロックも聴くようになったし、エレクトロニカにも興味を持つようになりました。その頃までは僕は学校で演奏することをほとんどしませんでした。ピアノは女の子がするものだと思われているような気がしていたし、単純に恥ずかしかったからです。

普段の自分と、ピアノを弾く自分はちょっと違う人間で、休日と仕事をしている時のような切り替えが自分の中ではありました。しかし、当時はバンドが盛んで、キーボードとして入って欲しいなど、クラシックとは違う形で鍵盤を弾くこともあり、徐々に人前で演奏することに恥ずかしさを感じなくなり、より僕の日常にピアノが入り込んできました。作曲を始めたのはこの頃でした。と言っても、練習の合間に遊びで旋律を作る程度のものです。でも、なんだか新しい喜びを見出し初めていたように思います。高校時代は楽しい記憶ばかりだから。


林;ピアノ男子特有の悩みと喜びですね。その後は?


横山;大学に入るとまず悲しいことがありました。僕にピアノを教えてくれた厳しかったけれど優しかった先生が、亡くなってしまいました。僕はあまり涙を流したりすることが少ないのですが、その時もうまく泣く事が出来ませんでした。実感がなかったからです。しかし、武蔵野音楽大学の入学試験近くになると、先生の体調は芳しくなくなり、ソファーに横になったままレッスンをするようになりました。気丈な女性でしたから、よほどきつかったのだと思います。大学に入ったら、クラシックだけではなくて色々な音楽を聴いて演奏して、楽しくやっていきなさいね、と先生はよく言っていました。クラシック音楽をとても愛した先生だったから、その言葉は意外な気がしたし、だからこそ言ってくれたようにも思います。音楽はここだけじゃないのよ、と。


林;うわ、すごく良い言葉ですね。


横山;クラシック音楽では、まだ師弟関係が強く、僕も先生を失ってから演奏する自分の音楽が正しいかどうか分からなくなってしまいました。正しいかどうかなんて愚問であることは今では分かります。でも、その頃までの僕は真剣に、自分の音楽、について考えた事はなかったのかも知れません。

大学には、僕より優秀な連中もたくさんいて、途方にくれました。音楽が楽しくなくなり、お酒を飲む量が増えていきました。でも、その中で音楽とは違う世界、例えば、小説だったり、映画だったり、と新しい世界を覗いていくことで、クラシック以外の種類の音楽を聴き、また音楽の楽しさを感じていくようになりました。


林;そうでしたか。


横山;ジャズの世界に興味を持つようにもなりました。父が東京に来ていたとき、新宿ピットインのフライヤーをくれて、そこに白髪のかっこいいジャズピアニストが写っていました。南博さんでした。ライブを聴きにいき、クラシックにはないかっこよさを覚え、僕はレッスンを受けるようになりました。体験レッスンの折、先生の口にするタバコの灰が鍵盤に落ちていきました。白鍵と黒鍵の間に落ちていく灰を見て、なんてかっこいいんだ、と痺れました。

先生から教わるジャズのレッスンでは、ジャズだけではなく、男性の色気のようなものを学んだように思います。ダンディズムでありニヒリズムであり、それ故の、反ニヒリズム。僕のピアノに対する姿勢を教えてくれたのは南先生だと思います。


林;南博さんとはそういう出会いだったんですね。ポーランドを選んだのは?


横山;留学先にポーランドを選んだのは、ポーランドの方には失礼ですが、他の音楽家があまり行っていない場所だと思ったからです。多くの音楽を学ぶ人々は、ドイツ、オーストリア、フランス、アメリカを選んでいました。共産圏であったこともあり、他のヨーロッパとは違うものに触れる事が出来る気がしました。

ショパン音楽大学に入学したあと、担当教授のイエジェイ・ロマニウク先生がピアノの奏法に力を入れている人だったので、ピアノの弾き方を意識して勉強しました。端的にいうと、それは音の出し方なのですが、今とポーランドで学んでからは随分と演奏が変わったように、自分では感じています。
大切な友人とも知り合うことが出来ました。Tomasz Betka というピアニストです。彼は作曲家としても作品を残しています。ポーランドでは名前のあるピアニストです。僕にとって初めて作曲をするピアニストとの出会いとなり、彼に影響されたこともあって、作曲活動に力を入れるようになりました。ポーランド国内でも共に様々な街で演奏活動をし、日本でも一度ツアーを僕が組んで、公演を果たしました。


【Tomasz Betka - "The Way He Has To Go Through" Miniatures Piano Solo (Prologue)】



ちょうどその折、ポーランドと日本の国交復興60周年だったので、僕とトマシュは互いに作曲した曲をその式典で演奏させてもらいました。両国の架け橋という意味もあったのだと思います。いずれにせよ、とても光栄でした。


林;良い経験でしたね。帰国後は?


横山;日本に帰国して、僕にとって大きな出会いがありました。それは聖歌隊CANTUSを主宰する太田美帆さんとの出会いです。ワルシャワに住んでいる頃より、僕は太田さんの活動を見ていました。そこで、ある日、今度有名無名を問わずに様々なアーティストと演奏します、という告知が出ていて、これだな、と思いすぐにメールと音源とお送りしました。お返事が返ってきた時は嬉しかったです。それから、ライブに参加させてもらったり、一緒に曲を作ったりするようになりました。中でも『concone』というCDを共作出来た事は嬉しかったです。山梨にある田辺玄さんのスタジオ、camel house に泊まり込みで二日かけて仕上げました。良き思い出です。

帰国してから、東京ではなく故郷の宮崎に住むことにしました。拠点は東京とワルシャワにもあるのですが、宮崎の海のそばで音楽を作りたいと思うようになりました。いつの頃か自然と海に惹かれていくようになりました。特段、夜の静かな海が好きです。海は国境や宗教もなく、どこまでも続いています。そういう世界に僕自身どこか惹かれているのかもしれません。


林;宮崎の海のそばですか。良いですね。今回のアルバムの話をお伺いしてもいいですか?


横山;今回のアルバム『SHE WAS THE SEA』に収録された曲は、最後の一曲をのぞいて、全てポーランドで作曲しました。一曲一曲が間を置いて演奏しているのは、電気を消した夜に手探りでピアノを弾いて作曲する事が多かったからです。アルバムのタイトルになる「she was the sea」は古いピアノを弾いて作曲しました。この曲がポーランドに滞在中最後に作曲した曲となりました。

「umi」という曲はもともと太田美帆さんとのアルバム『concone』に収録されていた「vocalise」という曲に、歌詞を付けたものです。当初、『SHE WAS THE SEA』というこのアルバムはピアノだけで完結する予定でした。しかし、全ての曲が揃った後聞き直すと、声が欲しくなりました。何か良い案はないだろうか、と考えているときに、太田さんに「vocalise」に歌詞を付けたものを、最後に入れたらどうか、と提案してもらい、アルバムの最後に入れる事になりました。最後に鳴り響くエピローグのような優しい余韻を残せることが出来たと思います。

『SHE WAS THE SEA』というアルバムには端的に言って、訴えたいものはありません。伝えないことだってあるか怪しいものです。海を見つめる時に、海のことを真剣に考えている人はきっと少ないはずです。おそらく、過去や未来、会いたい人、悩み事など、それぞれの時間がそこには流れていると思うのです。海はこうしろああしろ、と僕らに直接的に何かを言うわけではありませ。『SHE WAS THE SEA』で流れる時間が、海を見つめるあの時間のように、波の音と共に静かに寄り添う事が出来たら幸いです。

誰もが言いたいことを叫ぶ世の中を黒とするなら、たった一言静かに垂らされた白いインクの側でいたいです。小さい声で喋った方が相手は聞こうとより耳を澄ますように思うのです。

このアルバムはきっと特別真新しいものではないでしょう。サウンドには気を使っていますが、奇を衒うようなところは一切ないアルバムです。しかし、一度の衝撃を与えて聴かれなくなる音楽よりは、今の僕はずっと誰かに聴かれ続ける音楽を好みます。このアルバムもそうなって欲しいです。


林;素晴らしいアルバムですね。僕もすごく大好きです。これからはどうされるご予定ですか?


横山;これからは弦楽器を取り入れてどこまでも静謐で力強い作品を作りたいです。そして、CMや映画の映像関係の作品の作曲に挑戦してみたいです。お仕事で関わることもあって、映像の力の強さと素晴らしさと、同時に怖さも知り、より一層関わりたいと思うようなりました。


林;良いですね。これを読んでいる方、是非!
それではみんなが待っている選曲ですが、テーマは何でしょうか?


横山;「夜に聞きたい5曲」です。


01. Bill Evans / Symbiosis 2nd



横山;夜の散歩の時によく聴いています。Bill Evans の音楽は、日本の音大に通う頃に初めて知りました。こうべを垂らしピアノに向かって弾く姿をみて、最初率直に、どうしてこの人のピアノはこんなに寂しそうなのだろう、と思いました。誤解を恐れずに言えば、人生は音楽に反映されていくことを教えてくれました。


林;おお、ビル・エヴァンスはこれですか。すごいですよね、これ。なるほど、横山さんそういう人なんですね。


02. 坂本龍一 / energy flow



横山;最近、久しぶりに食事を終えた夜にソファーに座って聴きました。恐らく、作曲した曲を弾くピアニストが多かれ少なかれ通るのが坂本さんの音楽だと思います。この曲を初めて聞いたのは、小学生の頃でした。クラシックしか知らなかった僕に、ピアノという楽器の可能性を教えてくれました。


林;うわ、小学生の時にこれでピアノの可能性を知ったんですか。


03. Cantus / Hodie



横山;ポーランドの冬の夜はとても長く、午後3時には日が暮れます。分厚い雲に覆われて太陽の姿も滅多に見れません。その中でこの曲は僕の光になりました。Cantusは、『SHE WAS THE SEA』 の「umi」という曲で歌ってもらっている太田美帆さんが主宰されています。


林;良いですねえ。太田美帆さん、身体からエネルギーがあふれるすごい女性ですよね。


04. トベタ・バジュン fest 大貫妙子 / 静かの海



横山;夜に会いたくなる人よりも、朝に会いたくなる人を信用しなさい。そう言われた時に、この曲を思い出しました。大貫さんの声はもちろんですが、トベタさんのストリングスの使い方が僕は好きです。


林;「夜に会いたくなる人よりも、朝に会いたくなる人を信用しなさい」ってすごく良い言葉ですね。なるほどです。


05. 南博 / B minor walz



横山;理由はない、ただどうしようもなく切ない夜に、何度も聴きました。知的と官能。これほど両者が美しく共存する音楽を僕は知りません。


林;おおお、素晴らしいですね。


横山;今回のアルバム『SHE WAS THE SEA』は自分で言うのも何ですが、けして衝撃的なものはないし、音楽としては真新しい試みがたくさん詰まっている訳ではないです。

でも、きっと長い間聴き続けることの出来る作品になっていると思います。海がずっとそこにあるように、この音楽も聴く人の隣で鳴り続けたら嬉しいです。ありがとうございました。


林;こちらこそどうもありがとうございました。みなさんも是非、聞いてみてください。

bar bossa 林伸次


【SHE WAS THE SEA -trailer-】



shewasasee500.jpg

■タイトル:『SHE WAS THE SEA』
■アーティスト:横山起朗
■発売日:2019年4月19日
■レーベル: IS QUIET
■品番:IPM-8112

アマゾン詳細ページへ


http://www.tatsuroyokoyama.com


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


【林 伸次 近著】

koihananigenaku500.jpg

■タイトル:『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』
■著者:林 伸次
■発売日:2018年7月12日
■金額:¥1,512 単行本

アマゾン詳細ページへ


恋はいつか消えてしまう。ならば、せめて私が書き留めて、世界に残しておこう――。
スタンダードナンバーの音楽とお酒のエピソードとともに綴られるのは、

燃え上がる恋が次第に冷め、恋の秋がやってきたと嘆く女性。
1年間だけと決めた不倫の恋。
女優の卵を好きになった高校時代の初恋。
かつての彼女とよく通ったパン屋さんを訪ねた男性。
学生時代はモテた女性の後悔。
などなど、世界の片隅に存在した恋のカケラたち。

誰かを強く思った気持ちは、あのとき、たしかに存在したのだ。切なさの記憶溢れる恋愛小説。

できることなら永遠に続編を読んでいたい気持ちと、このすこし物足りないような感覚こそが贅沢なのだ、という気持ちとが交錯する。恋愛を人生のすべてと考えている人々のための一冊。
――小西康陽(音楽家)


「bar bossa」アーカイブ

vol.1 「モニカ・サウマーゾ」 ・vol.2 高木洋介 ・vol.3 「クリスマス・ソングのボサノヴァ」 ・vol.4 柳樂光隆 ・vol.5 「1960年代当時のブラジルのボサノヴァ女性シンガー特集」 ・vol.6 松原繁久 ・vol.7 「1970年代から1980年代までのブラジルのボサノヴァ女性シンガー特集」 ・vol.8 中村ムネユキ ・vol.9 「現代のブラジルのボサノヴァ女性シンガー特集」 ・vol.10 江利川侑介 ・vol.11 「エレンコ・レーベル」 ・vol.12 田仲昌之 ・vol.13 「ルミアール・ヂスコス」 ・vol.14 定成寛 ・vol.15 寺田俊彦 ・vol.16 白尾嘉規 ・vol.17 「畠山美由紀『rain falls』 プロデューサー中島ノブユキ インタビュー」 ・vol.18 山本勇樹 ・vol.19 「ジノンさん ルシッド・フォールについて」 ・vol.20 大場俊輔 ・vol.21 「ブラジル人と演奏しているアメリカのジャズ・ミュージシャン特集」 ・vol.22 武藤サツキ ・vol.23 「Lucid Fall (The Best of)」 ・vol.24 筒井奈々 ・vol.25 「THE PIANO ERA2013」 ・vol.26 山上周平 ・vol.27 ジノン ・vol.28 東野龍一郎 ・vol.29 林伸次 ・vol.30 中村智昭 ・vol.31 齊藤外志雄 ・vol.32 染谷大陽 ・vol.33 稲葉昌太 ・vol.34 小嶋佐和子 ・vol.35 石郷岡学 ・vol.36 原田雅之 ・vol.37 松本研二 ・vol.38 塚田耕司 ・vol.39 岩間洋介 ・vol.40 中村信彦&真理子 ・vol.41 白尾嘉規 ・vol.42 田仲昌之 ・vol.43 山本勇樹 ・vol.44 新川忠 ・vol.45 川嶋繁良 ・vol.46 田村示音 ・vol.47 山崎雄康 ・vol.48 上川大助 ・vol.49 町田和宏 ・vol.50 林下英治 ・vol.51 シュート・アロー ・vol.52 高橋悠 ・vol.53 沼田学 ・vol.54 庄野雄治 ・vol.55 山本のりこ ・vol.56 渡部徹 ・vol.57 小栗誠史 ・vol.58 相澤歩 ・vol.59 土田義周 ・vol.60 榎本善一郎 ・vol.61 町田洋子 ・vol.62 影山敏彦 ・vol.63 花田勝暁 ・vol.64 宮川泰幸 ・vol.65 林伸次 ・vol.66 高原一実 ・vol.67 松岡祐子 ・vol.68 宿口豪 ・vol.69 石亀政宏 ・vol.70 愛知アンディー有 ・vol.71 三原秀章 ・vol.72 キム・ジノン ・vol.73 花崎章 ・vol.74 洞澤徹 ・vol.75 太田美帆 ・vol.76 金野和磨 ・vol.77 林伸次 ・vol.78 永山マキ ・vol.79 脇田洋二 ・vol.80 三橋有 ・vol.81 三枝伸太郎


bar bossa information
林 伸次
1969年徳島生まれ。
レコファン(中古レコード店)、バッカーナ&サバス東京(ブラジリアン・レストラン)、
フェアグランド(ショット・バー)を経た後、1997年渋谷にBAR BOSSAをオープンする。
2001年ネット上でBOSSA RECRDSをオープン。
著書に『ボサノヴァ(アノニマスタジオ)』。
選曲CD、CDライナー執筆多数。
連載『カフェ&レストラン(旭屋出版)』。

bar bossa
bar bossa
●東京都渋谷区宇田川町 41-23 第2大久保ビル1F
●TEL/03-5458-4185
●営業時間/月~土
18:00~24:00 bar time
●定休日/日、祝
お店の情報はこちら

Sunday Night Sessions 2019.6/30(日)@HOCUS POCUS(東京・永田町):ライブ情報 / LIVE INFO

ドーナッツとライブをリラックスしながら楽しむことができる日曜夜のカフェライブ。

出演は共にジャズで有名な音楽大学出身のシンガーソングライター。
詞の世界観も含め、ソングライティングと歌声に定評のあるお二人です。

コーヒーとドーナッツで楽しむSunday Night Sessions、是非。


0630_600.jpg
HP1.jpg


【イベントタイトル】
Sunday Night Sessions


【詳細】
ドーナッツとライブをリラックスしながら楽しむことができる日曜夜のカフェライブ。
出演は共にアメリカの音楽大学を卒業、シンガーソングライターとして注目を集める澤田かおりと酒井尚子。現在LAを拠点に活躍する澤田かおりは一時帰国中のタイミング、そして酒井尚子は昨年デビューアルバムをリリース後初となる、共に貴重なライブです。


【日程】
2019.6/30(日)
OPEN 19:45 / START 20:15
(21:45終了予定)


【出演】
・酒井尚子(vo)×三好功郎(g)
・澤田かおり


【場所】
HOCUS POCUS(東京・永田町)
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3
東京メトロ半蔵門線 / 有楽町線 / 南北線
永田町駅4番出口 徒歩2分
TEL 03-6261-6816
http://hocuspocus.jp/


【料金】
¥4,000(1ドーナッツ/1ドリンク付)
※着席は限定数で先着順となります。


【予約】
ご予約はこちらから(Peatix)


【主催】
MUSIC ODYSSEY


【お問い合わせ】
info@musicodyssey.tokyo


KaoriSawada600.jpg
■澤田かおり/Kaori Sawada
http://kaorisawada.com
米シアトル生まれ。東京・杉並育ち。
桐朋女子高等学校音楽科を作曲専攻にて卒業後、2005年に渡米。
ボストン・バークリー音楽院作曲専攻を卒業する。帰国後、MISIA、井上陽水の全国ツアーにコーラス/キーボードとして参加するや一躍注目を集める。2015年1月Sg『幸せの種』にてメジャーデビュー。11月に現代のキャロル・キングをイメージさせる、1stアルバム『Songwriter』をリリース。NHK BS1「ワールドスポーツMLB」エンディングテーマ、映画「さよならの代わりに」日本版イメージソングなど話題曲を多数収録。2016年10月メジャー2ndアルバム『FRONTIER』をリリース。さらなる女性の才能を開花させた永遠のPOPSをイメージさせる意欲作を提げ、2017年、キーボード一つで47都道府県フリーライブツアーを成功させた。
エモーショナルなヴォーカルと、自在に奏でるピアノによる圧倒的な弾き語りライブは全国のファンを魅了。
多彩な才能はシンガーソングライター活動だけにとどまらず、作曲家・アレンジャー・プロデューサーとしても数多くのTVCM音楽や楽曲提供を手がけ、高い評価を得ている。類稀なる唯一無二の女性アーティスト。
2018年9月より拠点を米国に移し、さらなる活躍が期待される。


main_LIGHT600.jpg
■酒井尚子/Naoko Sakai
兵庫県出身。幼少の頃から音楽好きの両親の影響でソウル、アフロ・ロック等を聴いて育つ。中学時代からHIP HOPやR&Bに傾倒していくと同時に歌うことの魅力にも気づき、高校時代に地元の音楽スクールで歌のレッスンを受ける。 高校卒業後ニューヨークに単身渡米し様々なジャンルの人脈を広げていくかたわら、ブルックリンの音楽学校でジャズ・ヴォーカルを学ぶ。この頃から作詞作曲を始める。その後ニュースクール大学ヴォーカル科に入学。同時期の在学生ではジャマイア・ウィリアムス、クリス・ターナー、ベッカ・スティーヴンス、黒田卓也他を輩出している。卒業後も現地のミュージシャンとのライヴ活動やコラボレーション活動を行う。 帰国後は地元関西でオリジナル曲を中心にライヴ活動をスタート。上京後はソロ活動、ユニット活動など都内を中心に活動。約2年間の充電を経て2018年に初アルバム『The Light』を発売。透明感溢れるヴォーカルと、天性の才能であるソングライティングからは今後の活動をさらに期待させる 。


【アイオライト/澤田かおり】



【酒井尚子 - Naoko Sakai / It's】

RS5pb (類家心平 5 piece band) :Pit Inn Live Invitation

毎月新宿ピットイン注目のライブをピックアップしている"Pit Inn Live Invitation"。
今回は、強力な布陣で圧倒的なステージを見せるRS5pb (類家心平 5 piece band) をピックアップします。


e0037314_19283111.jpg


*******************************************************************

■開催日:5月30日(木)RS5pbat 新宿PIT INN

■開催時間:19:30 Open 20:00〜 ¥3,000+Tax(1Drink付)

■メンバー:類家心平(Tp)中嶋錠二(P,Key)田中"tak"拓也(G)鉄井孝司(B)吉岡大輔(Ds)

*******************************************************************


アジア進出を果たし国内外のジャズ・シーンで圧倒的な存在感を放つトランペッター、類家心平率いるNeo Jazz Band "RS5pb"による新宿PITINN公演。ますます磨きのかかるバンドセットを真近で目撃できるチャンスです。この機会をお見逃し無く!!




>>インビテーション応募ページはコチラ


新宿 PIT INN ⇒ オフィシャルサイト

My First Jazz Vol.13-Manami Morita:My First Jazz

Title : 『MUSIC』
Artist : Michel Petrucciani

michelpetrucciani500.jpg


「ミシェル・ペトルチニアーニのアルバム『ミュージック』かな。このアルバムの1曲目に入っている「Looking Up」という曲を、高校生の時に弾くことになって何回も聴いたんですけど、聴けば聴く程良くって。アルバム全部良いけど特にこの曲が本当に素晴らしくて。最初のピアノ「たらたらたらーーん」というあの感じ、もうそれだけで、「はぁーって」(笑) "Looking Up=見上げる"というあのタイトル通り、ピアノが入ってきた瞬間に、「ぱーん」って本当に見上げたくなる。衝撃的でした。きっと一生忘れられないなと思ったんです。彼の特徴的な明るい音もとても好きです。」

森田真奈美

森田真奈美Official


【Michel Petrucciani - Looking Up】




My First Jazz

michelpetrucciani200.jpg

Title : 『MUSIC』
Artist : Michel Petrucciani
LABEL : Blue Note
発売年 : 1990年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Looking Up
02.Memories Of Paris  
03.My Bebop Tune
04.Brazilian Suite #2
05.Bite
06.Lullabye
07.O Nana Oye
08.Play Me
09.Happy Birthday Mr. K.
10.Thinking of Wayne

アーカイブ