feed markRSS
JJazz.Net Blog Title

My First Jazzの最近のブログ記事

1  2  3

My First Jazz Vol.30-maiko:My First Jazz

Title : 『Thinking of You』
Artist : 寺井尚子

thinkingofyou500.jpg


「ジャズに触れた作品はやっぱり寺井尚子さんのファーストアルバムかな。ジャズには大人っぽいサウンドの匂いがあるでしょう?私はそれまでジャズに触れたことがなかったから全体のサウンドの響きがとても大人っぽく感じて。しかもヴァイオリンでこう表現できるんだ!と衝撃を受けました。


ちなみに寺井さんとの出会いは偶然なんです。ちょうど大阪に遊びに行ってた時にHMVさんを覗いたら、たまたま寺井さんのインストアライブがあって。それまではジャズ・ヴァイオリンのことはよく知らなかったし正直そんなに良いイメージもなかった(笑)。でも実際聴いてみたらすごく良かったんです。」

maiko

maiko Official






My First Jazz

thinkingofyou200.jpg

Title : 『Thinking of You』
Artist : 寺井尚子
LABEL : 日本コロムビア
発売年 : 1998年



1998年発売のファーストアルバム。メンバーは野力奏一、坂井紅介、日野元彦。


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. ストールン・モーメンツ
02. 出会い
03. ドナ・リー
04. アイ・ラヴズ・ユー、ポーギー
05. パキラ
06. パハロ(鳥)
07. ダダ
08. ハイウェイ・アット・ミッドナイト
09. サマー・ナイト
10. ストレイト・ノー・チェイサー
11. シンキング・オブ・ユー

My First Jazz Vol.29-Jacob Koller:My First Jazz

Title : 『At the Blue Note: The Complete Recordings』
Artist : Keith Jarrett

keith_complete500.jpg


「ジャズで影響を受けたのはキース・ジャレットですね。彼を知ったのは映像が先で『Standard volume1』というビデオ。最初何をやっているか良くわからなかったけれど、その演奏がとても情熱的ですごく感動したんです。まるで極楽みたいだなって(笑)。僕もこういう風にピアノを弾きたいと思ったんです。それで誕生日に『At the Blue Note』という6枚セットのアルバムを買ってもらって、夏休みに毎日毎日ずっとこればかり聴いていた、完全におたくです(笑)。

すごいのはアドリブ。彼の演奏は新しい発明のよう。新しい音を次から次へと生み出すようで、その想像力がすごいなと思いました。特に好きな曲は「Now's the time」。アドリブ/ソロ がすごい。一つのフレーズが次のフレーズに自然に発展していくそのオーガニックなソロは聴く度に感動します。彼の影響はとても大きくて、耳コピも良くしたし、ノートに譜面を書き写したりして、とてもいい勉強になりました。」

Jacob Koller

Jacob Koller Official



My First Jazz

keith_complete200.jpg

Title : 『At the Blue Note: The Complete Recordings』
Artist : keith jarrett
LABEL : ECM Records ‎
発売年 : 1995年



スタンダード・トリオによる、`94年のN.Y.ブルーノートでのライヴを収録した6枚組ボックス・セット。


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
CD 1 - FRIDAY JUNE 3RD, 1994-1ST SET
01. In Your Own Sweet Way
02. How Long Has This Been Going On
03. While We're Young
04. Partners
05. No Lonely Nights
06. Now's The Time
07. Lament

CD 2 - FRIDAY JUNE 3RD, 1994-2ND SET
01. I'm Old Fashioned
02. Everything Happens To Me
03. If I Were A Bell
04. In The Wee Small Hours Of The Morning
05. Oleo
06. Alone Together
07. Skylark
08. Things Ain't What They Used To Be

CD 3 - SATURDAY JUNE 4TH, 1994-1ST SET
01. Autumn Leaves
02. Days Of Wine And Roses
03. Bop-Be
04. You Don't Know What Love Is / Muezzin
05. When I Fall In Love

CD 4 - SATURDAY JUNE 4TH, 1994-2ND SET
01. How Deep Is The Ocean
02. Close Your Eyes
03. Imagination
04. I'll Close My Eyes
05. I Fall In Love Too Easily / Fire Within, The
06. Things Ain't What They Used To Be

CD 5 - SUNDAY JUNE 5TH, 1994-1ST SET
01. On Green Dolphin Street
02. My Romance
03. Don't Ever Leave Me
04. You'd Be So Nice To Come Home To
05. La Valse Bleue
06. No Lonely Nights
07. Straight, No Chaser

CD 6 - SUNDAY JUNE 5TH, 1994-2ND SET
01. Time After Time
02. For Heaven's Sake
03. Partners
04. Desert Sun
05. How About You?

My First Jazz Vol.28-SHANTI:My First Jazz

Title : 『Both Sides Now』
Artist : Joni Mitchel

jonimichell500.jpg


「色々あるんですが、今回は2000年にリリースされたジョニ・ミッチェルのオーケストレィテッド・ジャズアルバムをピックアップしました。サックスにウェイン・ショーター、ピアノにハービー・ハンコック、ドラムにピーター・アースキン等、超一流のジャズ・ミュージシャンが参加していて、サウンドがまさにジャズ。

そしてこの作品は、恋の始まりから終わりに向かって進み、アルバム通して一つの長いストーリーになっているんです。恋の始まりはドキドキワクワクで、間のドロドロ云々を通り抜け(笑)、最後は「Both sides now」という曲で締め括られるんですが、最終的には"愛"とは"人生"とは一体何なんだろう?とクエスチョンで終わるという所がスゴイ演出だなぁって。また彼女は絵も描き、このアルバムの中には彼女が手がけた油絵のアートワークが入っているんです。

やはりアーティストが描く世界をペイントでもみせられたらそのメッセージがより強く伝わるんじゃないかと思っていて、そういう意味でも本当にオススメの1枚です。」

SHANTI

SHANTI Official


【Both Sides Now】





My First Jazz

jonimichell200.jpg

Title : 『Both Sides Now』
Artist : Joni Mitchel
LABEL : Reprise Records
発売年 : 2000年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. You're My Thrill
02. At Last
03. Comes Love
04. You've Changed
05. Answer Me, My Love
06. A Case Of You
07. Don't Go To Strangers
08. Sometimes I'm Happy
09. Don't Worry 'Bout Me
10. Stormy Weather
11. I Wish I Were In Love Again
12. Both Sides Now

My First Jazz Vol.27-西藤ヒロノブ:My First Jazz

Title : 『Bumpin'』
Artist : Wes Montgomery

WES500.jpg


「この作品はストリングやオーケストレーションが入りつつもポップで、ウェスが縦横無尽にギターを弾いているんです。ポップに聴かせつつも、ジャズの無駄のない流れるようなフレーズがあり、音楽的にも素晴らしいです。それは僕が目指すところでもあって、兎に角聴いてしまうアルバムですね。

彼はフレットボードに対して低音の方から斜めに弾くんです。きっとホーン奏者やジャズの人を研究していたんでしょうね。」

西藤ヒロノブ

西藤ヒロノブ Official


【Bill Evans & Tony Bennett - Together Again】





My First Jazz

WES200.jpg

Title : 『Bumpin'』
Artist : Wes Montgomery
LABEL : Verve Records ‎
発売年 : 1965年



Arranged By, Conductor - Don Sebesky
Bass - Bob Cranshaw
Bongos, Congas - Candido Camero*
Cello - Charles McCracken, George Ricci
Design [Cover] - Michael Malatak
Drums - Grady Tate, Helcio Milito*
Engineer - Rudy Van Gelder
Guitar - Wes Montgomery
Harp - Margaret Ross
Liner Notes - Chuck Taylor (4)
Photography By [Cover] - Charles Stewart*
Piano - Roger Kellaway
Producer - Creed Taylor
Viola - David Schwartz, Harold Coletta
Violin - Arnold Eidus, Gene Orloff, Harry Lookofsky, Jos. Malignaggi*, Julius Held, Lewis Eley, Louis Haber, Paul Gershman, Sol Shapiro


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. Bumpin'
02. Tear It Down
03. A Quiet Thing
04. Con Alma
05. Love Theme From "The Sandpiper" (The Shadow Of Your Smile)
06. Mi Cosa
07. Here's That Rainy Day
08. Musty

My First Jazz Vol.26-須田晶子:My First Jazz

Title : 『Together Again』
Artist : Tony Bennett & Bill Evans

togetheragain500.jpg


「印象に残る作品がありすぎて一枚に絞るのは難しいのですねっ!沢山の女性ボーカリストのアルバムを聴いていた時期の後、チェット・ベイカーに出会って、男性のボーカリストに魅力を感じていた時期に出会った作品です。

Jazzの歴史から見たら、これは最近の作品ではあるかもしれませんが、この2人のアルバムはもしかしたらDuoの原点なんじゃないかなと感じます。こんなにもお互いが無理なく絶妙なバランスで交わっている、特にバラードの曲などでは正確なテンポが無いにもかかわらず(Rubato)、同じ足並みで一つの絵や物語を描いてゆくような2人の音楽表現は、言葉にならないほどです。それらの音は彼らの曲に対しての壮大な愛が、美しさとともに伝わってきます。

『The Tony Bennet Bill Evans』というアルバムもあり、2人の素晴らしさを引き立たせ合う音がたっぷり堪能できると思います。」

須田晶子

須田晶子 Official


【Bill Evans & Tony Bennett - Together Again】





My First Jazz

togetheragain200.jpg

Title : 『Together Again』
Artist : Tony Bennett & Bill Evans
LABEL : DRG Records ‎
発売年 : 1977年



Piano - Bill Evans
Vocals - Tony Bennett
Recorded at Columbia Studios, San Francisco, California, September 27-30, 1976.


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. The Bad And The Beautiful
02. Lucky To Be Me
03. Make Someone Happy
04. You're Nearer
05. A Child Is Born
06. The Two Lonely People
07. You Don't Know What Love Is
08. Maybe September
09. Lonely Girl
10. You Must Believe In Spring

My First Jazz Vol.25-JOSH NELSON:My First Jazz

Title : 『THE PRISONER』
Artist : HERBIE HANCOCK

herbie hancock500_.jpg


「沢山あるけれど(笑)、一つだけ選ぶとすれば1969年のこのアルバムかな。ピアノの演奏も素晴らしいしアレンジも素晴らしいんだけども、彼のオリジナル曲に関して言えば60年代の市民権運動の社会背景をすごく反映していて、そういう意味でも非常に興味深い作品だと思う。

ジョー・ヘンダーソンやジョニー・コールズなど、参加しているミュージシャンも素晴らしい。少人数の編成なんだけどビッグバンドでやっているような、本当に音のふくらみが素晴らしい作品。

何かあると必ずここに戻ってくる、そんなアルバムです。僕にとっては。」

JOSH NELSON

JOSH NELSON Official


【Herbie Hancock / The Prisoner】





My First Jazz

herbie hancock200.jpg

Title : 『THE PRISONER』
Artist : HERBIE HANCOCK
LABEL : Blue Note
発売年 : 1969年



Art Direction - Frank Gauna
Bass - Buster Williams
Bass Clarinet - Jerome Richardson, Romeo Penque (tracks: B1, B3)
Bass Trombone - Jack Jeffers (tracks: B1, B3), Tony Studd
Drums - Albert "Tootie" Heath*
Flugelhorn - Johnny Coles
Flute - Hubert Laws, Jerome Richardson (tracks: B1, B3)
Liner Notes - Herb Wong
Piano, Electric Piano - Herbie Hancock
Producer - Duke Pearson
Recorded By [Recording By] - Rudy Van Gelder
Tenor Saxophone, Alto Flute - Joe Henderson
Trombone - Garnett Brown


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. I Have A Dream
02. The Prisoner
03. Firewater
04. He Who Lives In Fear
05. Promise Of The Sun

My First Jazz Vol.24-Geila Zilkha:My First Jazz

Title : 『Live From Concord To London』
Artist : Ernestine Anderson

live from concord to london345.jpg


「20歳前後、ボストンのTOWER RECORDSで買ったCDです。当時沢山買っていたのですが、このアルバムジャケットが面白くて見つけた時のことをよく憶えています(笑)彼女のファンキーさがとても良いんです。

スイングジャズの時代を生きていらっしゃんたんだろうけどブルースも歌っていて、そのミックスした感じ、ソウルフルなジャズが私にばっちりはまったんです。特に「Love For Sale」がファンキーで大好き。ウッドベースもたまらないですね。ジャズミュージシャンが演奏するファンクというか、そういう感覚がたまらなく好きなんです。ハンク・ジョーンズやレイ・ブラウン等、客演も非常に豪華。」

ギラ・ジルカ

ギラ・ジルカ Official


【Ernestine Anderson - Love For Sale】





My First Jazz

live from concord to london200.jpg

Title : 『Live From Concord To London』
Artist : Ernestine Anderson
LABEL : CONCORD
発売年 : 1978年



SIDE-A at Concord Jazz Festival
HANK JONES (piano)
RAY BROWN (bass)
JAKE HANNA (drums)

SIDE-B at Ronnie Scott's
JOHN HORLER (piano)
JIM RICHARDSON (bass)
ROGER SELLERS (drums)


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. Don't Get Around Much Anymore
02. Days of Wine and Roses
03. Stormy Monday
04. Am I Blue
05. Take the "A" Train
06. My Romance
07. Solitude
08. I Got It Bad (And That Ain't Good)
09. Do Nothin' Till You Hear from Me
10. Take the "A" Train
11. Love for Sale

My First Jazz Vol.23-Aya Takazawa:My First Jazz

Title : 『Straight Life』
Artist : Freddie Hubbard

straightlife500.jpg


「私のTouch Of Jazzといえば、やはり学生時代に聴いたFreddie Hubbardの「Here's That Rainy Day (From "Straight Life" ) 」。

音楽大学でトランペットを専攻していましたが、当時勉強していたのはジャズではなくクラシック音楽でした。 NEW TIDE JAZZ ORCHESTRAに所属してビッグバンドジャズに触れる機会が増えてはいたものの、それまでクラシックのトランペットしか聴いたことが無かった私。
ジャズのトランペットはなんだか音もかすれていてよくわからないなぁ、、、となかなかピンとこなかったのですが、この一曲を聴いてジャズのイメージが一新!どちらかというと派手なプレイが印象的なフレディですが、このバラードは素直に音が心に響いて、ジャズの表現の深さに気づかされた一曲です。

今でも色々迷うことがあると、フレディの歌を聴いて原点に戻ったり、、、思い出の曲、是非聴いてみてください。」

高澤綾

高澤綾 Official


【Freddie Hubbard - Here's that rainy day】





My First Jazz

straightlife200.jpg

Title : 『Straight Life』
Artist : Freddie Hubbard
LABEL : CTI Records
発売年 : 1971年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. Straight Life
02. Mr. Clean
03. Here's That Rainy Day

My First Jazz Vol.22-Jun Miyakawa:My First Jazz

Title : 『Moanin' 』
Artist : Art Blakey & The Jazz Messengers

artblakey_mornin.jpg


「小学生の頃聴いたアートブレイキーの「Blues March」が頭から離れなくなって。なのでこの曲をずっとエレクトーンで弾いてコピーしてました。もちろん「mornin'」もそうですが楽曲の親しみやすさ、そして何よりバンドとしてのサウンドというのに強く惹かれました。

ピアノソロやピアノトリオ作品よりは圧倒的に管が入ったバンドのサウンドが好きだったんです。それはやはりエレクトーンをやっていたというバックボーンが一番大きいと思います。」

宮川純

宮川純 Official


【Art Blakey & the Jazz Messengers - Blues March】





My First Jazz

artblakey_mornin200.jpg

Title : 『Moanin' 』
Artist : Art Blakey & The Jazz Messengers
LABEL : Blue Note
発売年 : 1958年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. Moanin'
02. Are You Real
03. Along Came Betty
04. The Drum Thunder Suite
05. Blues March
06. Come Rain Or Come Shine

My First Jazz Vol.21-Hiroko Williams:My First Jazz

Title : 『Anita』
Artist : Anita O'Day

thisisanita500_.jpg


「このアルバムに収録されている「バークリー・スクウェアのナイチンゲール」を聴いた時、世の中にこんな美しい曲があるんだっていうことに感動したんです。当時アマチュアバンドを組んではいたけれど、ジャズの事は知らなくて。だからこの曲でジャズを知ったんです。それからは"アニタ・オデイ"と見つけると買い集めるようになって。そしたらその先にオスカー・ピーターソンとかポール・チェンバース、そしてバド・パウエルとかビル・エヴァンスとかジャズの巨匠たちが出てくる。アニタは、そんなジャズの世界へのきっかけをくれた存在。


中でも「バークリー・スクウェアのナイチンゲール」があまりにも好きで(笑)、いつか自分のアルバムを作ることがあるのなら必ず1曲目に入れようと思って、2008年の最初のアルバムに入れました。そして私のレーベル名も「Berkeley Square Music」に(笑)。
1946年のそんなに有名でもない曲なのに、この歌が気になっていたという海外の人から連絡をもらったり、この曲によって人とのつながりができたりと、本当に運命を感じる1曲です。


そういえばこんな事があったんです。私がこの「バークリー・スクウェアのナイチンゲール」を歌った時に目の前の女性が泣きはじめて。後で話を聞いたら彼女がサンフランシスコに住んでいた時に、自分の娘がこの曲を口ずさんでいたそう。「どうして(私の好きな)この曲を知ってるの?」と尋ねたら、隣のおじいちゃんがいつもサックスでこの曲を演奏していたそうなんです。そしてそのおじいちゃんというのは、戦時中にバークリー・スクエアの近くの爆撃によって恋人を亡くしていたんです。それをひきずって、彼女の事を忘れないようにいつもこの曲を練習していたそうなんです。その話を聞いた娘が感動し、それをお母さんに伝え、お母さんはそれが重なって私の歌を聴いて感動して、とまさに時空を超えて人を結びつけるようなチカラを持つ、不思議な曲です。」

ウィリアムス浩子

ウィリアムス浩子 Official


【Anita O'Day - A Nightingale Sang In Berkeley Square】





My First Jazz

thisusanita200.jpg

Title : 『Anita』
Artist : Anita O'Day
LABEL : Verve Records
発売年 : 1956年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. You're The Top
02. Honeysuckle Rose
03. A Nightingale Sang In Berkeley Square
04. Who Cares?
05. I Can't Get Started
06. Fine And Dandy
07. As Long As I Live
08. No Moon At All
09. Time After Time
10. I'll See You In My Dreams
11. I Fall In Love Too Easily
12. Beautiful Love

1  2  3

アーカイブ