feed markRSS
JJazz.Net Blog Title

Pit Inn Live Invitationの最近のブログ記事

1

毎回好評の新宿ピットインご招待企画。
今回はかなりエッジの効いた公演Kit Downes Quartetをピックアップ。

0923KitDownes.jpg

いわゆるチャーチ・オルガンを使ったユニークな演奏が注目されるKit Downes。今年1月にはECMからアルバム「Obsidian」をリリース。そんな彼が今回来日ギグで披露するのはカルテット編成。Kit Downes(P)西口明宏(Ts)清水昭好(B)則武諒Ds)そしてゲストに巻上公一(Vo)、さらに長きに活動を共にするポーラ・レイ・ギブソン(Vo)。フリー系やECMが好きなリスナーには特におすすめしたい注目の公演です。

■Kit Downes Quartet
メンバー:Kit Downes(P)西口明宏(Ts)清水昭好(B)則武諒Ds) ゲスト:巻上公一(Vo)ポーラ・レイ・ギブソン(Vo)
日時:9月23日 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)
会場:新宿PIT INN

>>インビテーション応募ページはコチラ


■Kit Downes「Obsidian」


■ENEMY - live in Birmingham


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

-Kit Downes プロフィール-

1528241550087.jpg

キットは、チャーチオルガン(パイプオルガン)を使ったユニークな演奏を披露するピアニスト。
サックス奏者のトム・チャレンジャー、チェロのルーシー・レールトン、作曲家シヴァ・フェシャレキ、バンド「ENEMY」とのコラボレーションでも活躍している。
現在は主にヴァイオリニストのエイダン・オローク、作曲家のマックス・ド・ウォーデナー、歌手のジョゼーネ・クラーク、オリ・スティエレの「キリング・ポピュース」
歌手/写真家のポーラ・レイ・ギブソンと共に活動しており、 ロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックで指導する。 2018年ECM Recordsからソロオルガン作品集「Obsidian」をリリース。

Kit Downes ⇒ オフィシャルサイト
Kit Downes ⇒ Twitter

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

東京のジャズシーンの中でも最も充実したラインナップで日々ライブが行われている新宿ピットイン。8月は、本田珠也3DAYS、スガダイロー3DAYS、吉田美奈子&小島良喜DUO 2DAYS、富樫雅彦メモリアルライブなどなど濃厚な公演が並びます。そんな中から、JJazzリスナーへ特別にご招待するスペシャルなインビテーションライブ。

今回は・・・奥平真吾カルテット・セッションをピックアップ。

okudaira.jpg

ピュアなジャズドラマーとしてニューヨークにおいても高く評価される奥平真吾が、グループ全体を歌心あふれるSHINGO WORLDに染め上げるこの日のセッション、お楽しみください!!

奥平真吾カルテット・セッション
メンバー:奥平真吾(Ds)岡 淳(Sax)馬場孝喜(G)大塚義将(B)
日時:8月23日(木) 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)
会場:新宿PIT INN

>>インビテーション応募ページはコチラ


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


奥平真吾プロフィール
9才の時にジャズクラブのセッションにおいてドラミングを披露、11才の時にデビュー・アルバムをリリース、24才の時に更なる飛躍を求めてニューヨークに移り住む。その19年間のニューヨーク生活において、ベテランといわれるミュージシャンから、中堅や同年代のミュージシャン達との交流は数多く、ニューヨークに於いてSHINGOの愛称で親しまれる。ニューヨーク滞在中には、奥平真吾のニューヨーク・ユニットとして日本国内のツアーも幾度か行っている。2010年7月に日本へ帰国、これを機に奥平真吾The Forceを再編し、 ドラマーをリーダーとする先鋭的なバンドとして活動を行っている。ピュアなジャズドラマーとして世界が認めるドラム奏者である。リーダー・アルバは1978年「処女航海」、1995年「キリフィ」、1996年「マコンデ」、1998年「アリセマ」、2009年「ザ・フォース」、2013年「アイ・ディドント・ノウ・ホワット・タイム・イット・ワズ」の6作品をリリースしている。

shingo_main201505.jpg

奥平真吾オフィシャル・サイト


THE FORCE Live At PIT INN Vol. 1. 16. Nov. 2010

東京のジャズシーンの中でも最も充実したラインナップで日々ライブが行われている新宿ピットイン。7月は板橋文夫スペシャル2DAYS、鈴木 勲2DAYSや橋爪亮督GROUP、、大友良英 ニュージャズクインテット(ONJQ) などなど見逃せない公演が並びます。
そんな中から、特別にJJazzリスナーをご招待するスペシャルなインビテーションライブ。

今回は、植松孝夫カルテット+1 をピックアップ。

植松孝夫カルテット+1

uematsutakao.jpg

【MEMBERS】
植松孝夫(Ts) 北島佳乃子(P) 高橋 陸(B) 濱田省吾(Ds) ゲスト:酒井麻生代(Fl)
日時:7月24日 (火) 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)
会場:新宿PIT INN

ジョージ大塚や日野皓正のグループ、そして浅川マキとの共演でも知られる植松孝夫。universoundsの尾川雄介がプロデュースする再発プロジェクト<Deep Jazz Reality>で再発され、今海外の和ジャズコレクターからも熱い注目を集めるプレイヤー。近年は、若手中心のグループ編成で、熱くブローするステージを展開!

>>インビテーション応募ページはコチラ


植松孝夫プロフィール
1947年4月16日東京生まれ。テナー・サックス奏者。66年19歳でプロ入り。石川昌(ds)とカウント・バッファローズ、杉本喜代志(g)カルテットを経て69年ジョージ大塚(ds)カルテットに参加、脚光を浴びる。同年、初リーダー作『デビュー』を発表。71年日野皓正(tp)クインテットに参加。73年自己のグループ結成。80年代に数年のブランクを経て、その後は自己のグループを始め、浅川マキ(vo)、日野元彦(ds)、本田竹廣(p)、辛島文雄(p)、峰厚介との2テナーなどで活動。

東京のジャズシーンの中でも最も充実したラインナップで日々ライブが行われている新宿ピットイン。今月も鈴木 勲2DAYSや橋爪亮督GROUP、Vincent Herring and Eric Alexander、板橋文夫スペシャル2DAYS、大友良英 ニュージャズクインテット(ONJQ) などなど見逃せない公演が並びます。

そんな中、JJazzリスナーをご招待するスペシャルなインビテーション。
今回は、立花秀輝カルテットをピックアップ。


立花秀輝カルテット

0701Tachibana.jpg

メンバー:板橋文夫(P) 池田芳夫(B) 本田珠也(Ds)
日時:7月1日 (日) 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)
会場:新宿PIT INN


自己バンドAAS(アァス)をはじめ若手からベテランまで、様々なセッションを手がけ現在は渋さ知らズ等でも活躍中のサックス奏者、立花秀輝による日本ジャズ界のレジェンド達とのカルテット狂演。板橋文夫(P) 池田芳夫(B) 本田珠也(Ds)という強力な面々とともにお届けします。板橋文夫&池田芳夫といえばジャズスタンダードを新解釈で聴かせたアルバム『Unlimited Standard』での共演したメンバー。プラス、本田珠也という注目のラインナップです。情熱的なセッションが展開されること必至なこの公演を是非体感しに来てください。

>>インビテーション応募ページはコチラ


立花秀輝プロフィール
1971年東京生まれ。池田篤氏にサックスの手ほどきを受け、高校卒業後、尚美学園短期大学にてクラシック・サックスを雲井雅人氏に師事。大学卒業後、武蔵野音楽学院(現廃校)にて仲間とのセッションで現在のスタイルの基礎を築く。93年渡米。カンザス州オタワ大学音楽学科を首席で卒業。 97年、帰国し本格的な活動に入る。2000年、自己バンドであるAAS(元・立花秀輝カルテット・山口コーイチ、カイドーユタカ、安藤正則)が横浜ジャス・プロムナード・7thコンペティションにて当時最多の4賞(オリジナル作曲賞、ライブハウス賞、横浜市長賞、優秀賞)を同時受賞。グランプリ不在の中で同等の評価を得、CD制作(LIVE!! AAS)やジャズ・フェス等の出演を果たす。その後、板橋文夫ジャズ・オーケストラ、福村博グループを経て2002年に渋さ知らズ・オーケストラでの演奏を開始。日本国内ツアーやフェスティバルのみならず、2005年から同バンドの海外ツアーに参加。数々のフェスティバルやライブハウスへの出演を果たす。また、2008年松本健一率いるSXQ saxquintetのメンバーとしてロシア&リトアニア・ツアー、2012年渋さ知らズのリーダーでありべーシストの不破大輔率いるFUWA WORKSのメンバーとしてリトアニア&ロシア・ツアーにも参加。
現在はAAS(アァス)、不破大輔とのデュオ、田中信正(p)とのデュオ、坂田明(as)吉田隆一(bs)とのトリオを主催する傍ら、若手からベテランまで多くの音楽家との交流を目的とした立花秀輝セッションを手がける他、多くのライブやレコーディングに参加する等、精力的に活動している。代表作としてAAS(山口コーイチp、カイドーユタカb、磯部潤ds)「Song 4 Beasts」「Lebenslauf」「Live!! AAS」、立花x不破大輔デュオ「〇」、立花秀輝カルテット(板橋文夫、池田芳夫、小山彰太)「Unlimited Standard」。
様々な特殊奏法を駆使する多彩な音楽表現の他、サックス本来の音色を追求した美しいメロディーを聴かせる稀有な奏者である。

新宿ピットインへJJazzリスナーのみなさまをご招待するスペシャルなインビテーション。
今回は、ベテランピアニスト大口純一郎のトリオ2daysです。
レギュラートリオと、異色の顔合わせと言えるベースレスのトリオで新境地を聴かせる二日間。
大口純一郎の二つの側面がみえるであろうこの公演は聴き逃せません。
是非この機会をお見逃し無く!応募ページはコチラ


公演名:大口純一郎 TRIO 2Days

@新宿PIT INN
メンバー:大口純一郎(P) 米木康志(B) 本田珠也(Ds)
日時:5月16日 (水) 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)

@新宿PIT INN
メンバー:大口純一郎(P)纐纈雅代(As)外山明(Ds)
日時:5月21日 (月) 開場19:30 開演20:00 ¥3,000+税(1DRINK付)

会場:PIT INN


okuchi.jpg
-profile-
1949年、東京生まれ。凛とした一音にのせるピアノの音色は長年積み上げた独特の個性で溢れており、高い評価を得ている。米木康志bass 本田珠也ds のピアノトリオ。パーカッションの大儀見元.小泉哲夫bassによるパーカッシヴ・トリオを主宰。2009年初のピアノソロCD" Plays Solo Piano " .
2016 夏 ピアノトリオの新作"Invisivle"をリリース。



1

アーカイブ