feed markRSS

AIRPORT - Santiago Beis

2017.2.15update
play buttonplay list

PROGRAM CONCEPT

世界各地の個性的な音楽と出会う旅。そして新たな自分と出会う旅がはじまる。
今回は南米ウルグアイ出身ブラジル・クリチーバ在住の若き天才ピアニストSantiago Beisをフィーチャー。2月にリリースのニューアルバム“univer-som”をピックアップします。
その土地の文化に影響を受けた、個性的な音楽と出会うための旅。
お楽しみ下さい。

FEATURE

Santiago Beis
1990年生まれの若き音楽家、ウルグアイのモンテビデオ出身のピアニスト、サンティアゴ・ベイス。
今回新たに発表されたニューアルバム『univer-som』は2009年から7年間に渡って南米諸国を旅し、現地の音楽家と録音し続けた15曲を収めたアルバム。彼のこれまでの旅の記憶と、自己探求を続けてきた濃密な音楽体験の集大成ともいえる内容です。かつて、ウルグアイで地元の伝統的なルーツミュージックカンドンベやフォルクローレを吸収しつつ、クラシック音楽にも傾倒。エルメート・パスコアールをきっかけにブラジル音楽に接近。ジャズから、ザッパ、アラン・ホールワースまで様々な音楽からも影響を受け、その後はマルチミュージシャンとして活躍。今回のアルバムではピアノ、アコーディオン、シンセ、ギター、フルート、ビブラフォンなどを自ら演奏し、南米各地のシンガーや伝統楽器の演奏者を起用。美しくも儚いその音世界は自身の小宇宙と対峙しているかのような素晴らしい作品に仕上がっています。
南米という土地ならではの文化の中で誕生した、シーンの最前線を知る上でも欠かせない重要な作品。是非チェックして下さい。
Title :『univer-som』
Artist : Santiago Beis
LABEL : インパートメント
NO : RCIP-0253
RELEASE : 2017.2.12

DETAILS

サンティアゴ・ベイス プロフィール
1990年生まれのウルグアイのモンテビデオ出身のジャズピアニスト・作曲家。少年期はピアノを学び、クラシックの古典派とロマン派に夢中になる。サウンドエンジニアとして仕事を始めたが、エルメート・パスコアールをきっかけにブラジル音楽に接近し、21歳でブラジル南部の都市クリチーバに移住。作曲と分析をマウリシオ・ドットーリ、フェリピ・ヒベイロ、マルシオ・ステウエルナージェル、ハリー・クロウル、オズヴァルド・コラルッソらに学んだ。フランク・ザッパ、マッツ/モルガン・バンド、アラン・ホールズワースなどから影響を受けたという『Sun Secret』、ブラジルのジャズミュージシャンとのカルテット作『Cidade』(2013年)、ウルグアイのジャズミュージシャンとのトリオ作『Ad Libitum』(2015年)など、所謂ジャズの範疇に入るアルバムを3枚発表。現在もクリチーバに住み、室内楽の作曲家としても活動している。2009年より南米各地を旅して現地の音楽家と録音し続けた曲を収録した本作『ウニベル・ソン』では、これまでのジャズから一変、ブラジル音楽的なアプローチとフォルクローレの要素を新しい文脈で表現した音楽世界を切り開いた。


■ジャズトリオでの演奏
「Nasceu no sol - Santiago beis trio」
■フルートとセロのデュオでの室内楽
「Juan Santiago Beis : Eidolon - for flute and cello 」
■サックスPaulo Siqueiraとのデュオ演奏
■Santiago Beis soundcloud
https://soundcloud.com/santibeis


ブラジルツアー


ARCHIVES

※番組は聴くことが出来ません
  1. Argentine
  2. Ireland
  3. Indian Ocean Islands
  4. Peru
  5. Bangkok
  6. Madrid
  7. Barcelona
  8. Uruguay
  9. Cuba
  10. Miyakojima
  11. Budapest
  12. South Italy
  13. Istanbul
  14. North Brazil
  15. Colombia
  16. Mali
  17. Senegal
  18. AFROBEAT SPECIAL
  19. South Africa
  20. Morocco
  21. Brazilian Music(with DORI CAYMMI INTERVIEW)
  22. Hawaian Music(with HAPA INTERVIEW)
  23. Bali Music(with Suar Agung INTERVIEW)
  24. Argentin Folklore(with Mariana Baraj INTERVIEW)
  25. Featuring HUGO FATTORUSO
  26. dedicated to DJANGO REINHARDT
  27. TETE INTERVIEW
  28. AFRO CUBAN ALLSTARS INTERVIEW
  29. ko-ko-ya INTERVIEW
  30. musica criolla(Peru)
  31. Andre Mehmari INTERVIEW
  32. Emi Meyer INTERVIEW
  33. Florencia Ruiz INTERVIEW
  34. 川村亘平(TAIKUH JIKANG) INTERVIEW
  35. Bombino INTERVIEW
  36. SAKAKI MANGO INTERVIEW
  37. Moreno Veloso × Saigenji 対談
  38. トリオ ケパソ?INTERVIEW
  39. feat bar buenos aires
  40. Carlos Aguirre『Orillania』特集
  41. JOSE ANTONIO MENDEZ特集
  42. OKI meets 大城美佐子『北と南』
  43. ジョー・バルビエリ INTERVIEW
  44. ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート『スニエ』特集
  45. ジューサ INTERVIEW
  46. ジャズ・マヌーシュ対談
  47. DOS ORIENTALES INTERVIEW
  48. DISCOVER NEW JAPAN 民謡ニューウェーブ
  49. バハグン・"バハグニ"・トゥルグティアン INTERVIEW
  50. ベト・カレッティ INTERVIEW
  51. キケ・シネシ『Live in sense of quiet guest: Carlos Aguirre』
  52. マテオ・ストーンマン INTERVIEW
  53. Roberto Taufic & Eduardo Taufic Duo特集
  54. マルシオファラコ INTERVIEW
  55. マルセル・パウエル『熱情のギター』特集
  56. ギジェルモ・リソット INTERVIEW
  57. BLACK WAX『BANG-A-MULI』特集
  58. Verano de Argentina(選曲-栗本斉)
  59. ウーゴ・ファトルーソ INTERVIEW
  60. TAIKUH JIKANG(川村亘平斉) INTERVIEW
  61. Lucid Fall特集
  62. カニサレス INTERVIEW
  63. フアナ・モリーナ INTERVIEW
  64. JOSE ANTONIO MENDEZ特集[ENCORE]
  65. feat BAR BUENOS AIRES[ENCORE]
  66. マテオ・ストーンマン INTERVIEW
  67. tribute to Django Reinhardt
  68. Florencia Ruiz INTERVIEW
  69. TAXI SAUDADE
  70. アーサー・ジェフスINTERVIEW
  71. ファンファーレ・チォカリーア特集
  72. ウーゴ・ファトルーソ INTERVIEW
  73. ボンゲジウエ・マバンドラ INTERVIEW
  74. アヌーナINTERVIEW
  75. 松田美緒INTERVIEW
  76. マイア・バルーINTERVIEW
  77. サム・モレーノ(マリアッチ・サムライ)
  78. TETE INTERVIEW
  79. Fete nationale francaise
  80. docambe
  81. Szaloki Agi
  82. Joe Barbieri
  83. 里アンナ
  84. IMPERIAL TIGER ORCHESTRA
  85. Hugo Fattoruso & Tomohiro Yahiro
  86. Balkan Beats Roberto Soko
  87. TAXI SAUDADE
  88. bar Buenos aires
  89. OKI DUB AINU BAND
  90. GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA
  91. AIRPORT - SARAVAHレーベル特集
  92. 滞空時間 川村亘平斎インタビュー
  93. Sukiyaki meets the world
  94. フラメンコ・カンタオール 石塚隆充
  95. Vaudou Game
  96. Dos Orientales
  97. 平安 隆
  98. マイケル・マクグリン(ANUNA)
  99. Arto Lindsay
  100. Santiago Beis