feed markRSS
JJazz.Net Blog Title

守屋純子オーケストラ2023定期公演/Gershwin's World

ジャズの分野で最も権威のあるセロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で優勝。
輝かしい実績を持つピアニスト/作・編曲家の守屋純子。

これまでに発表した9枚のリーダー作品の内、6枚はビッグバンド作品。
自身がリーダーを務める「守屋純子オーケストラ」は毎年定期公演を行うなど、
日本を代表するビッグバンドとして知られています。

また全国の小中高生のためのビッグバンドの指導、講演なども行い、
2013年以降は、米国・モンタレー、オーストラリア・パースなど、海外でも学生を指導しています。

そんな「守屋純子オーケストラ」が今年も渋谷さくらホールにて定期公演を開催。

今回のテーマは「Gershwin's World」。
2023年は、20世紀のアメリカを代表する作曲家・George Gershwinの生誕125周年にあたり、
彼の残した名曲をビッグバンド・アレンジ。オリジナル曲の初演もあります。

日本を代表する素晴らしいミュージシャンが揃うこのオーケストラの演奏を是非体感してください。



【ライブご招待】
守屋純子オーケストラ2023年定期公演 @渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
2023年2月17日(金)19:00開演 2組4名様ご招待!
ご応募〆切:2023年2月10日(金)17:00
応募はこちら



sakurahall_600.jpg


■守屋純子オーケストラ2023定期公演/Gershwin's World■

【コンサートに向けてのメッセージ】
「2023年は、20世紀のアメリカを代表する作曲家・George Gershwinの生誕125周年にあたります。彼は、38年の短い生涯の中で、ジャズとクラシックを融合した多くの傑作を残しました。今回は、ジャズ・スタンダードとして、現在も日々演奏され続ける数々の名曲に対して、新たな視点からのビッグバンド・アレンジに挑戦します。オリジナル曲の初演もあります。絶対にここでしか聴けない音にどうぞご期待ください。」 
守屋純子


【日時】
2023年2月17日(金曜日)18:15開場、19:00開演


【出演】
守屋純子(P,ARR)、安カ川大樹(B)、加納樹麻(DRS), 岡部洋一(PERC)、
近藤和彦(AS,SS,FL)、緑川英徳(AS)、岡崎正典(TS,CL)、吉本章紘(TS.FL)、Andy Wulf(BS)、
佐野聡、東條あづさ、駒野逸美(TB)、山城純子(B-TB)、佐久間勲、木幡光邦、奥村晶、岡崎好朗(TP)


【場所】
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
(東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷駅より徒歩5分)


【チケット】
一般:4500円(税込)学生:2500円(税込)
(守屋純子HP販売の方が、良いお席を指定できます)


→e+(イープラス)
https://eplus.jp/sf/detail/0178580001-P0030019P021001?P1=1221
→チケットぴあ
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2237501&rlsCd=001&lotRlsCd=
→ローソンチケット
Lコード : 74345
https://l-tike.com/order/?gLcode=74345&gPfKey=20221019000001259239&gEntryMthd=01&gScheduleNo=1&gCarrierCd=08&gPfName=守屋純子オーケストラ&gBaseVenueCd=36655


【HP販売について】
チケットはチケットぴあ等でもお求めになれますが、最も良いお席は、守屋純子HPにて座席指定で御求めいただけます。
守屋純子HP販売


【問合せ】
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日12-15時)



Junko Moriya600.jpg


【守屋純子】(ピアニスト/作・編曲家)
早稲田大学"ハイソサエティーオーケストラ"でジャズを始め、ニューヨークのマンハッタン音楽院修士課程修了。アメリカ・ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。
2000年より、"守屋純子オーケストラ"が芸術文化振興基金の助成対象事業となり、毎年定期公演を行っている。2004年、自己のカルテットでインド公演。

2005年に CD"Points Of Departure"が、第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞する。同年9月、ジャズでは最も権威のあるセロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人としてまた女性として初優勝の栄誉に輝き、ワシントンのケネディーセンターでの授賞式に招聘されて受賞曲を演奏し、日米で話題を呼ぶ。
2008年 9月、米"モンタレージャズフェスティバル"に自己のカルテットで出演、その後、サンフランシスコ・ロサンゼルスでも公演を行う。2008・09年フランス・ツアー。2014-16年、毎年オーストラリア・パースにてビッグバンド指導。2014年より2019年まで、7回にわたり、ロシア・サンクトペテルブルク、ウラジオストクで公演。

これまでに9枚のリーダーCD(内6枚はビッグバンド作品)を発表。2018年7月、安土桃山時代の画伯<長谷川等伯>を題材としたジャズ組曲を収録した最新ビッグバンド作<Art In Motion>を発表する。

教育活動にも熱心で、 "山野ビッグバンドコンテスト""浅草ジャズコンテスト""ヤマハエレクトーンコンクール"等の審査員や、全国の小中高生のためのビッグバンドの指導、講演なども行なっている。2013年以降は、米国・モンタレー、オーストラリア・パースなど、海外でも学生を指導している。昭和音楽大学・尚美学園大学非常勤講師。早稲田大学エクステンションセンター講師。


守屋純子オフィシャル・サイト

アーカイブ