feed markRSS
JJazz.Net Blog Title

インタビュー / INTERVIEWの最近のブログ記事

前の10件 1  2  3  4  5

CALMインタビュー ~『CALM』:インタビュー / INTERVIEW

日本でクラブミュージックが盛り上がり始めた90年代後半、いち早くクリエイターとして海外のシーンから注目を集めた日本人アーティストCALM。新作『CALM』は、見ての通り6枚目にして初めて自らのアーティスト名をアルバムタイトルとしています。様々な名義で幅広いサウンドをリリースしながらも、根底にはっきりと感じ取れる彼独自の強烈な「音楽への愛」が多くのリスナーを魅了し続けている、注目のアーティストのインタビューです。



calm_photo2010_600.jpg


CALM インタビュー

■ほぼ毎年リリースしているアルバムの6枚目にして、タイトルに自身のアーティスト名をつけたことなど、今回のアルバムに込めた思いなどについて教えてください。

このアルバムを出すまでに本当に色んなことがありました。
音楽シーンの変化はここ数年でかつてないほどとても大きなものだったかもしれません。
そんな中、プライベートなことも含めですが、もう一度自分自身に向かい合ってみようと思い今回のアルバムに取りかかりました。
ファーストアルバム以来となる、生楽器やゲストミュージシャン無しで、自分独りで作り、ミックスし完成させたアルバム。
そこで色々悩んだ結果『Calm』というセルフタイトルのアルバム名になりました。
毎回そうですが、今回はいつも以上に自分のエゴというか自分のエッセンスのみで作りあげ、少しプライベートになりますが、亡き祖母に捧げたアルバムになります。


■DJではなくプロダクションで、クラブミュージックにジャズを持ち込んだ日本でのパイオニア、そして日本のクラブジャズが海外から注目される突破口をあけた存在だと思います。自身が考える「ジャズ」とは?また、当時と現在で違いを感じますか?

自分のことをクラブ系ジャズだとは思っていません。ただのジャズ好きで、他の音楽と同様に素晴らしい音楽を吸収してそれを吐き出しているだけです。
それがたまたま海外の人達の耳に引っかかって、それが逆輸入してきたのかもしれません。
悲しいかないつまでたっても日本の欧米至上主義というのは変わってないのかもしれません。
その後日本の良質な音楽達が日本国内でも広がっていったのですが、残念ながら今その勢いは見受けられません。
ただ逆を言えば、自分がデビューしたときと同じような状況なのかもしれないので、時代は廻るという見方でいけば、この先また楽しい時代が来るかもしれません。
音楽には希望というものも含まれているし、それに感動がプラスされれば人の人生すら180度変えることが出来るパワーがあるはずなので、今の音楽不況でさえもなんとかなるのではないでしょう。
商業的ではなくそれぐらい本当のパワーを持った音楽がもっと世に出てくればいいですね。


■デビューから13年。「続ける」ということについてご意見を聞かせてください。

継続は力なり。色んなことをやりながらも時代にフィットしながらも自分というものは芯にきちんとある。
スタイルを時代に合わせたり、売れるよう音に変化させることは誰だってできるけれども、そこに本当の自分というものがなければもう戻って来ることはできないし、自分じゃないことをやり続けることは、最終的には自分で自分にジ・エンドを突きつけることとなるはず。
Calmという音楽を、ときにOrganLanguageだったり、K.F.だったり、Japanese Synchro Systemと、変名や別プロジェクトにきちんと落とし込んで活動し、ブレなく活動してきたからこそ今というのがあるんだと思う。
セールスだけを求めたり、自分のエゴのみで動いていたらきっとこうはいかなかっただろう。
この先のことは全くわからないけど、出来れば死ぬまで音楽をやり続けたい。


■作品をはじめパーティーのサウンドシステムでも音質にこだわった活動をされ
ています。その理由は?

音楽にはメロディーやコード、リズム、そして歌詞などがあるけれども、そこにその音楽に合った音質が加われば、ただのBGMや娯楽でしかなかったものが素晴らしき感動へと変わっていくはず。
クリアーな音が良いという訳ではないけれども、例えばDJをやるときには、色んなアーティストとの曲をかけるわけだし、そのアーティストは伝えたい音楽と音質でそのレコードなりCDなりに落とし込んでいるので、出来る限りその音質に忠実にプレイしたいと思って、自分のパーティーでは出来る限りの良質な機材を持ち込んでベストに近い音質でプレイ出来るよう頑張っています。
自分の作品でも同じことで、自分の音楽が一番伝わりやすい音質というものになるべく近づけるよう、こだわりを持ってやっています。
先きほどにも述べた通り、音楽には感動が潜んでいます。
その感動を受け取りやすくする努力は出来る限りしているということで、その先ユーザーがどう取るのかはユーザー自身の問題でもあり自由でもあります。


■今後の活動について教えてください。

ライブは現在ツアー中で、10/30(土)に渋谷Plugにてワンマンライブをやり、年内はひとまずそれで終了です。
(詳しくはコチラをチェック)
ライブはCDとは全く違う次元のことをやっています。
自分のPCの音に、キーボード、サックス、ベースがそのときそのとき、まさにその一瞬しか出来ない再現不可能な世界を作り出します。
決め事がほとんどないライブなので、毎回違った雰囲気になります。
そういう意味では制作、ライブ、DJ、それぞれ一聴すると違う感じかもしれませんが、それを全て含めてCalmという存在になるのかもしれません。

制作面では、今半分くらいできているのですが、ノンビートのアルバムを作っています。
ノンビートと言っても、チルアウトやアンビエント的な括りではなく、ビートによる高揚感を排除した楽曲が並んだアルバムだと思ってください。
例えば今回リリースした『Calm』というアルバムの中の「River is Deep」や「Stories」は実際はもっと長い曲なのですが、アルバム用に短くエディットされています。
そんな内側にはめる感じのアルバムを、出来れば出来上がったらすぐに自主流通で販売したいと考えてます。(恐らく年明け早々には)

ライブツアーをやっているバンドでのアルバムも作りたいと思ってますが、なにせメンバーがとても忙しい人達なのでそれは来年できるかどうか。
でもとにかくライブが乗りに乗っているので、ライブ盤ではなく、きちんとしたスタジオ録音の新曲でチャレンジしたいです。

更にサックスの加藤君 (加藤雄一郎) とのスローテンポのウォーキングリズムを主体としたユニット、field.echoというのも来年にはリリースしたいです。
こちらはもう既に楽曲が8曲ほどできているので、加藤君の矢沢永吉さんとのツアーが終わった冬ぐらいから少しずつ完成させていきたいです。

そして来年にはCalmとしての新たなチャレンジのアルバムも作りたいです。
アナログオンリーのダンスミュージックも構想にあります。
リクエストが多いOrganLanguageの続編も少しですが考えてます。

色々と構想がありますが、あとは時間との戦いになってきますね。

DJはコンスタントにやっています。特に自分のパーティーはオープンラストで一人でセレクトしています。
詳しくはウェブ の方を覗いてみてください。

[Interview:樋口亨]


calm_600.jpg


■タイトル:『CALM
■アーティスト:CALM
■発売日:2010年9月15日
■レーベル:MUSIC CONCEPTION
■カタログ番号:MUCOCD-022
■価格:2,835円(税込)




CALM プロフィール】

ジャンルにとらわれず、全ての良質な音楽を軸として唯一無二の音を放つサウンドクリエーター。
あえてカテゴリーにあてはめて表現するならば、チルアウト、バレアリック、アンビエント、ジャズから、ブラックミュージック、ダンスミュージックに至るまでの要素を絶妙に調合し、自らのエッセンスでまとめあげて世界に発信している。

97年のデビュー以来、Calm、Organlanguage、K.F.、THA BLUE HERB / BOSSとのユニットJapanese Synchro Systemなど、様々な名義を使い分けて幅広い楽曲を生み出し、現在に至るまで実にほぼ毎年フルアルバムなどをリリース。勢力的な活動を続けている。

代表曲には、"Light Years"、"Shining of Life"、EGO-WRAPPIN' 中納良恵をVoに迎えた"Sunday Sun"などがある。

またDJとしてのキャリアも重ね、ダンスフロアに笑顔を育むをテーマに活動。
つくり出す楽曲同様あらゆる良質な音楽から貪欲に選曲し、解放している。
2つのレギュラーパーティー、Bound for Everywhereと Monday Moonを中心に各地へ。
可能であれば出来る限りの機材を持ち込んでの音づくりをし、心に届く音でのプレイを信条としている。

JUZU a.k.a.MOOCHYインタビュー ~『Re:Momentos "Movements"』:インタビュー / INTERVIEW

国内外でセッションを繰り返すことで、音楽を通して世界とコミュニケーションし理解を深めているDJ・プロデューサーのJUZU aka MOOCHY。8月に発表し話題を呼んでいる新作『Re:Momentos "Movements"』は、ベトナム、ハワイ、ジャマイカ、キューバ、奄美大島、福岡、東京など自らが旅をした先々での音の断片を紡ぎ上げた2枚組の力作です。
実体験に裏打ちされた生命力あふれる、まさに新たなワールドミュージックが鳴っています。
大友良英、Shing02、ジェフテ・ギオムなど多彩なゲストも参加。
ユニークな活動を続ける注目のアーティストのインタビューです。



DSCF1168.jpeg


JUZU a.k.a.MOOCHYインタビュー

■今回発表したアルバム『Re:Momentos "Movements"』は、シリーズの第三部ですが、アルバムタイトルについて教えてください。

前作Momoriesと対になる作品として今作Movementsはとらえています。
前作が映画を彷彿とするストーリーを重視した作品だと思っていますが、今作はドキュメント作品的な受け手の解釈に委ねるというイメージを持っています。
今の現状とこれからの未来に対して少しビターな解釈としてイメージ、メッセージを込めました。


■旅を通じて得たサウンドを紡いで仕上がったアルバムですが、旅に出る理由は何ですか?また、自分にとって「旅」とは何ですか?

旅は僕の中では決して目的ではなく、あくまで音、音楽を求めて動いた上で、それが旅になっていただけです。人生そのものが旅でもあると思うので逆に言えば旅は人生とも言えるのでしょう。


■音楽を通じて様々な国やそこに住む人々とコミュニケーションされていますが、アルバムを作り終えて「世界」はどのように見えていますか?

すべての人に同じ人格は無く、すべてOne And Onlyだと思います(You are the only oneという曲もあります)。
また反対にどこに住んでいても衣食住など生活の軸はさして変わらない部分、何処に住んでいても変わらないとも思います。銀河系レベルでも分子レベルでも世界は一つなのでしょう。


■自分の中で一番強く輝いている「希望」を教えてください。

個人的にも種族的にも、世界的にも『進化』、が希望する事です。
退化ではなく。。。


■今後の活動について教えてください。

年末12/22に京都の老舗バンドSoftの音源を録音して、それを中南米の島トリニダードトバコに持って行き、それにスティールパンの奏者が音を加え、さらにホーンセクション等を加えた、ある意味、映画音楽的作品を子供用の絵本とともにリリースします。

約8年近く住んだ福岡から地元である東京に年末から拠点を再び移し、ライブやレコーディングも精力的に進めて行くつもりです。

[Interview:樋口亨]


51KgE7dX-8L.jpg


■タイトル:『Juzu Presents Re:Momentos "Movements"』
■アーティスト:JUZU a.k.a.MOOCHY
■発売日:2010年8月15日
■レーベル:cross point / PROCEPTION
■カタログ番号:KOKO-013
■価格:2,625円(税込)




JUZU a.k.a.MOOCHY プロフィール】

東京出身ながら現在は福岡在住。10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボードで知り合ったメンバーで結成されたバンド EvilPowersMe の楽曲はUSAパスヘッドのレーベルからもリリースされる。DJとしては90年代中期、今や伝説化したパーティーRhythm Freaksのオーガナイズ及びレジデントDJとして一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーティまで活動を展開する。 また、オリジナル音源やボアダムス等のリミックスがメジャー、インディー問わず様々なレーベルからリリースされる。一方、その楽曲や存在そのものが様々な形で国内外に影響を与えた不定型バンドNXSのリーダーとしても活動を展開。その影響から発した電子音楽、インプロビゼーション、民族音楽、そしてあらゆるダンスミュージックを内包したソロ作品群は、日本各地に点在する志高きミュージシャン達のみならず、キューバ、ハワイ、ベトナム、ジャマイカ等世界各地のミュージシャン達とも録音され、新たなWorld Musicの指針となっている。

坪口昌恭インタビュー ~『Abyssinian...Solo Piano』~:インタビュー / INTERVIEW

10月16日土曜日に、自身初となるソロピアノアルバム『Abyssinian...Solo Piano』を発表する坪口昌恭さんのインタビューをお届けします。
ジャズとエレクトロニクスの両方を絶妙のバランス感覚で取り入れている坪口昌恭さん。演奏者としてピアノに向き合うようになっている近年の経過報告といえる今回のアルバムでは、オリジナル曲はもちろんのことスタンダードからクラシックまで取り上げ、当たり前ですが響きも含めて「ピアノ」がタップリ聴ける内容です。

発売記念ライブも決定しています。詳細はインタビューに続いて。

では、メールインタビューを御覧ください。


tzboguchi.jpg


坪口昌恭 インタビュー

■新作『アビシニアン』は初のソロピアノ。坪口さんといえばエレクトロニクスの印象が強いですが、今回のようにピアノにじっくりと向きあうようになったきっかけは何かあるのでしょうか?

アコースティック・ピアノはなんと言ってもMost Favorite Instrumentなんですよ。2000年代は『東京ザヴィヌルバッハ』や『DCPRG』でエレクトロニクス系の音楽に没頭する一方で、『坪口昌恭TRIO』や菊地成孔の一連のプロジェクトでピアノ主体に演奏してきましたし、ビバップの伝道師バリー・ハリスさんと交流を持ち、伝統的なジャズ・スタイルも追求してきたのです。ただ近年、DUOや小編成のアコースティック・セッションを増やし、自分のピアノに説得力が増してきたという感触はあります。具体的には、映画音楽の「Last Tango In Paris」をレパートリーに取り入れ、自分の中のラテン魂に火がついたことが大きいです。ラテンというジャンルをやりたくなったとかそういうことではなく、普遍的な楽器であるピアノで人々に自分の音楽を伝えるんだ、という根本意識の問題でしょうね。


■ピアノという楽器の魅力を教えてください。

木と金属でできていて重力を感じるところ。それと、音楽の基本衝動であろう「歌って、叩いて、踊る」という行為から一見遠いところにある楽器でありながら、すべての要素を表現できること。


■クラシックピアノのレッスンを改めて受け始めたと伺っています。何か発見はありますか?

ピアノは元々「ピアノフォルテ」という名称だったように、弱音(ピアノ)から強い音(フォルテ)まで表現できる楽器。頭ではわかっていながら、今まではメゾ・フォルテ以上でしか演奏していなかったような気がします。本来の「ピアノ」のタッチや表現が、以前よりはできるようになってきました。まだまだですが・・・。


■クラシックピアノのレッスンを受ける一方、尚美学園大学 / 同大学院で教えてらっしゃいますが、「学ぶ」ということについてご意見を聞かせてください。

音楽や芸術は、本来教えてもらうのではなく、本当にやりたいのならば自分で見つけていくべきものだと思います。ただ、楽器の奏法上の基礎、ジャズ/ビバップのセオリーなどはやはり一度は正しく学ぶべきでしょう。必ずしも早い時期にとは言いません。習いたくなった時がチャンス。30歳、40歳を過ぎて初めて知ることで、かえって深く心にしみるという場合もあります。
僕は教える立場にはいますが、少し先回りしてお膳立てをしているだけで、学生から実に多くのことを学びます。学ぶというのは学生時代だけの話ではありませんね。一生学び続けるものでしょう。もはや音楽だけの話ではありませんが。


■今後の活動について教えてください。

レコ発に伴って年内、都内で何カ所かソロピアノをやります。『東京ザヴィヌルバッハ』では12月2日に青山「月見ル君想フ」にてソロ・パフォーマンスをします。またギターを交えた『坪口昌恭Quartet』で、来年は国内ツアーがしたいですね。JJazz.Netさんにも応援して配信していただいている(10月13日から)『坪口昌恭&渥美幸裕』での活動も、来年に向けてスケールアップしていきたいです。再始動した『DCPRG』もありますし、相変わらず色とりどりの活動を展開していきますよ!


2010年10月1日
坪口昌恭

[Interview:樋口亨]


坪口昌恭『Abyssinian...Solo Piano』発売記念ライブ

<日時>
2010年10月12日(火)
開場 18:30 開演 19:30

<会場>
代官山 晴れたら空に豆まいて

<出演>
坪口昌恭 solo
・坪口昌恭 Quartet [坪口昌恭 - Piano, Effect、宮嶋洋輔 - Guitar、永見寿久 - ac. & el.Bass、安藤正則 - Drums]
thirdiq [渥美幸裕 - Gt、菱山正太 - Key、小森耕造 - Drums} 

<料金>
前売り 3,000円 当日 3,500円 +1D 500円


abyssiniancd.jpg


■タイトル:『Abyssinian...Solo Piano』
■アーティスト:坪口昌恭
■発売日:2010年10月16日(土)
■レーベル:エアプレーンレーベル
■カタログ番号:APX1005
■価格:2,350円(税込)

■収録曲
1. Logos by 坪口昌恭
2. Tune Up by Miles Davis
3. The Peacocks by Jimmy Rowles
4. Evidence by Thelonious Monk
5. Afro Poly Etude by 坪口昌恭
6. Abyssinian by 坪口昌恭
7. New Doll by Peter Ilych Tcaikovsky
8. Last Tango In Paris  by Gato Barbieri
9. Castalia by 坂本龍一



坪口昌恭 プロフィール】

1964年12月3日福井県生まれ、大阪育ち。5歳より両親(音楽教師)にピアノの手ほどきを受ける。
多重力的エレクトロ・ジャズユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(1999~)を主宰し、ewe Inc.他より7枚のアルバムを発表。
キューバ系ジャズ・ミュージシャンたちと2004年夏ニューヨークにて録音したソロ・アルバムを2枚発表。
アコースティック主体の『坪口昌恭TRIO』(2001~2008)では、エフェクティブな手法やポリ・スイングを実践し、リミックス・アルバム「Radio-Acoustique」(Flyrec)リリース。
'90年代はジャズロックバンド『坪口昌恭PROJECT』(1989~1998)を率いて活動し、2枚のアルバムを発表。菊地成孔(Sax)との共演歴は20年を越え、『DCPRG』(1999~2007)をはじめ、近年は『菊地成孔Dub Sextet』『菊地成孔Quintet Live Dub』『UA×菊地成孔』のピアニストとして活躍中。 2008年9月に、20代前半の若手を集め『坪口昌恭Quartet』の活動開始。よりメインストリームなサウンド指向で原点回帰しつつ新境地を目指す。 2009年より、Piano Soloや小 編成でのセッションが活性化。ジャズ・ピアニストとしての多彩な魅力をアピール。キーボードマガジンをはじめとする音楽誌への執筆多数。
先鋭的な音楽活動の一方で、Barry Harris(Pf)直伝によるBe-Bopセオリーを受け継ぎ、尚美学園大学/同大学院にて後進の指導にあたっている。


前の10件 1  2  3  4  5

アーカイブ