feed markRSS
JJazz.Net Blog Title

My First Jazzの最近のブログ記事

1  2  3  4

My First Jazz Vol.39-安ヵ川大樹:My First Jazz

Title : 『Sounds Of The Great Bands!』
Artist : Glen Gray And The Casa Loma Orchestra

glengray500.jpg


「僕の最初のジャズは、Glen Gray And The Casa Loma Orchestra(グレン・グレイ&ザ・カサ・ロマ・オーケストラ)でした。

まだ5歳くらいだったと思いますが、両親のレコードの中で、このレコードが特に好きで、いつも聴いていました。幼稚園児がスウィングジャズばかり聴いているので、両親も気味悪がってました(笑)。
あまりにも好きなので、小一の時、給食の時間に放送委員会の友達にかけてもらった事があります。今思えば、自然に身体が動き出す、アップビートで、ダンサブルなグルーブが、たまらなく好きだったのでしょう。

高校生になって、レッド・ガーランド・トリオのポール・チェンバース、オスカーピーターソン・トリオのレイ・ブラウンを聴いた時に幼少の時に聴いた強烈な深いグルーブを感じました。

今でも、Glen Gray And The Casa Loma Orchestraを聴いた時の昂揚感は何とも甘美な体験として思い出されます。」


安ヵ川大樹

安ヵ川大樹 Official






My First Jazz

glengray200.jpg

Title : 『Sounds Of The Great Bands!』
Artist : Glen Gray And The Casa Loma Orchestra
LABEL : Capitol Records ‎
発売年 : 1958年



【SONG LIST】
01.Symphony In Riffs
02.Begin The Beguine
03.One O'Clock Jump
04.Contrasts
05.Cherokee
06.Take The "A" Train
07.After Hours
08.Flying Home
09.Song Of India
10.Snowfall
11.Woodchopper's Ball
12.720 In The Books
13.Boogie Woogie On St. Louis Blues
14.String Of Pearls
15.Tenderly
16.Elks' Parade

My First Jazz Vol.38-小林香織:My First Jazz

Title : 『An Evening With Herbie Hancock & Chick Corea In Concert 1978』
Artist : Herbie Hancock & Chick Corea

Evening500.jpg


「高校1年生の3学期にサックスを始め、高校3年生の夏からジャズを勉強し始めた私に、ジャズに詳しい知人がたくさんのアルバムを貸してくださいました。
その中に、当時、右も左もわからない女子高生だった私の胸を鷲掴みにしたアルバムがありました。

チックコリアとハービーハンコック、2人だけで行われたライブアルバム『An Evening With Herbie Hancock & Chick Corea In Concert』です。

即興演奏ゆえの儚さや、スリルに心を奪われ、終始一貫された神秘的で上品な世界の虜に...。
2人の巨匠が奏でる透き通ったピアノの音色は、まるで美しい映画のプロローグを見ているようです。

中でも大好きな「Someday My Prince Will Come」は、雨の降る少し肌寒い、アンニュイなお天気の日に聴きたくなります。

そしてこの曲を聴けば、いつでも高校3年生の夏にタイムスリップできる気がします。」


小林香織

小林香織 Official






My First Jazz

Evening200.jpg

Title : 『An Evening With Herbie Hancock & Chick Corea In Concert 1978』
Artist : Herbie Hancock & Chick Corea
LABEL : Columbia
発売年 : 1978年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Someday My Prince Will Come
02.Liza
03.Button Up
04.February Moment
05.Maiden Voyage
06.La Fiesta

My First Jazz Vol.37-chihiRo(JiLL-Decoy association):My First Jazz

Title : 『Bridges』
Artist : Dianne Reeves

bridges500.jpg


「私にとっては絶対的にこのアルバム。

当時、アラニス・モリセットのアコースティック・アルバムを熱心に聴いていて、こういうのがやりたい!と思っていたのですが、メンバーのtowadaとkubotaが「そんなにジャズを毛嫌いせずに、まずはこういうの聴いてみたら?」と薦めてくれたのがこの作品だったんです。

あれ?こういうのもジャズっていうんだ、という驚きがあって、これだったらやってみたいなと思わせてくれた、ジャズの自由さを最初に感じたのがこの作品でした。」
chihiRo(JiLL-Decoy association)

JiLL-Decoy association Official






My First Jazz

bridges200.jpg

Title : 『Bridges』
Artist : Dianne Reeves
LABEL : Blue Note
発売年 : 1999年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.In Your Eyes
02.I Remember
03.Suzanne
04.Goodbye
05.Bridges
06.River
07.Olokun
08.Testify
09.Mista
10.1863
11.Make Someone Happy

My First Jazz Vol.36-市原ひかり:My First Jazz

Title : 『CANDY』
Artist : Lee Morgan

candy500.jpg


「初めて聴いたジャズアルバムは、高校1年生の時に買った、リー・モーガンのキャンディでした。

ジャズという音楽を何も知らなかった時、池袋駅構内の特設CDショップで無作為に手に取った事をよく覚えています。

大当たりでした。

ただただ、カッコいい音楽だなぁ、と何度も何度も聴きました。

実際に自分でジャズを演奏するようになり、このアルバムの素晴らしさをまた違った角度からヒシヒシと感じている今日この頃です。」 市原ひかり

市原ひかりOfficial






My First Jazz

candy200.jpg

Title : 『CANDY』
Artist : Lee Morgan
LABEL : Blue Note
発売年 : 1958年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Candy
02.Since I Fell For You
03.C.T.A.
04.All The Way
05.Who Do You Love I Hope
06.Personality

My First Jazz Vol.35-Sara Gazarek:My First Jazz

Title : 『Ella And Basie!』
Artist : Ella Fitzgerald / Count Basie

ella&basie500.jpg


「最初に聴いたのは15歳の時。1年くらい聴きこんで本当に全部覚えちゃったの。リリックの一つ一つからフレージングから息づかいから。ボーカルにしてもそうだけどスキャットから全部。私にとってそんな大切な1枚です。」

Sara Gazarek

Sara Gazarek Official






My First Jazz

ella&basie200.jpg

Title : 『Ella And Basie!』
Artist : Ella Fitzgerald / Count Basie
LABEL : Verve Records
発売年 : 1963年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Honeysuckle Rose
02.'Deed I Do
03.Into Each Life Some Rain Must Fall
04.Them There Eyes
05.Dream A Little Dream Of Me
06.Tea For Two
07.Satin Doll
08.I'm Beginning To See The Light
09.Shiny Stockings
10.My Last Affair
11.Ain't Misbehavin'
12.On The Sunny Side Of The Street

My First Jazz Vol.34-岸本亮:My First Jazz

Title : 『Seven Days of Falling』
Artist : Esbjorn Svensson Trio

est.jpg


「ピアノトリオと言えばキース・ジャレット、ビル・エバンス、ハンク・ジョーンズのようにスタンダード曲を中心に演奏するトリオを元々は好んで聴いていたのですが、このEsbjorn Svensson Trio (以下:E.S.T.)を初めて聴いた時はかなりの衝撃を受けました。

いつか自分がリーダーのピアノトリオをやるときは、E.S.T.のようなピアノトリオをやりたいと思ってたのですが、それがfox capture planの結成や音楽性をを決めるきっかけになったと思います。

他の媒体でのオススメ盤を紹介するときにも実はE.S.T.の作品を挙げることが多いのですが、いつも2006年作品の『Tuesday Wonderlnd』を紹介してるので、今回は同じくらい好きなこの2003年作品の『Seven Days of Falling』にしました。
先進的なアプローチ、多彩な曲調、緊張感溢れる3人のインタープレイと非のつけようのない内容で、しかも全ての曲がメロディックで1曲1曲の個性が際立った均整の取れたアルバムです。まさに傑作。

ピアニストのエスビョルン・スベンソンは残念ながら既に他界してしまったのですが、ジャズやE.S.T.の音楽をこれから聴いてみたい人から、既にジャズは聴いているけど次に何を聴こうか探してる人、ポストロック、エレクトロニカ、ドラムンベース、近年のECM作品等が好きな人には絶対おすすめです。」

岸本亮(JABBERLOOP,fox capture plan)

岸本亮(JABBERLOOP,fox capture plan)






My First Jazz

est200.jpg

Title : 『Seven Days of Falling』
Artist : Esbjorn Svensson Trio
LABEL : ACT
発売年 : 2003年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Ballad For The Unborn
02.Seven Days Of Falling
03.Mingle In The Mincing-Machine
04.Evening In Atlantis
05.Did They Ever Tell Cousteau?
06.Believe, Beleft, Below
07.Elevation Of Love
08.In My Garage
09.Why She Couldn't Come
10.O.D.R.I.P

My First Jazz Vol.33-Maya Hatch:My First Jazz

Title : 『Ella And Basie!』
Artist : Ella Fitzgerald / Count Basie

ella&basie500.jpg


「エラ・フィッツジェラルドとカウント・ベイシーオーケストラがコラボしたこのアルバムです。めちゃくちゃスイングしていてとってもかっこいいんです。高校生の時に、ヘビー・ローテーションで、何度も何度も何度も何度も聴いて(笑)彼女の全部をコピーしました。声で遊んでいるかのようで楽しくなる。私にとってのスイングってここからはじまったんです。

私がジャズを歌えるようになったのはきっとこのアルバムのおかげ。エラは私の原点なんですが、特にこの作品が好きで、彼女のソロの部分(スキャット)は何度も聴いたし、今でも同じように歌う事ができる(笑)。とにかく楽しいアルバムです。」

Maya Hatch

Maya Hatch Official






My First Jazz

ella&basie200.jpg

Title : 『Ella And Basie!』
Artist : Ella Fitzgerald / Count Basie
LABEL : Verve Records
発売年 : 1963年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Honeysuckle Rose
02.'Deed I Do
03.Into Each Life Some Rain Must Fall
04.Them There Eyes
05.Dream A Little Dream Of Me
06.Tea For Two
07.Satin Doll
08.I'm Beginning To See The Light
09.Shiny Stockings
10.My Last Affair
11.Ain't Misbehavin'
12.On The Sunny Side Of The Street

My First Jazz Vol.32-伊藤志宏:My First Jazz

Title : 『The Woman Next Door』
Artist : Rita Marcotulli

rita500.jpg


「セロニアス・モンクが僕のジャズの入り口ではあるし、色んなミュージシャンの影響はあるけれど、アメリカのジャズがどうしても上手くならなくて(笑)、そんな行き詰っている時にaudaceの北田学に教えてもらったのがこの作品。これを聴いて、こういうのもジャズで良いんだって衝撃を受けたアルバムです。

ピアニストの作品なのにピアニストが前面に出ない。僕のアルバム『タペストリア』もまさしくそう。またこのアルバムは楽曲によって編成が違って、デュオもあればトリオもあれば多編成もあり。曲によって編成が変わるといえば、以前僕が出した『LADIES & PIANOMAN』のヒントはまさしくここから。これを聴いてなかったらああいう形にはなってなかったと思います。」

伊藤志宏

伊藤志宏 Official






My First Jazz

rita200.jpg

Title : 『The Woman Next Door』
Artist : Rita Marcotulli
LABEL : Label Bleu
発売年 : 1998年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Le cinma est le cinma
02.Les 400 coups
03.Songs of Innocence
04.Songs of Experience
05.Escape
06.Masse di Memoria
07.Musique en jeu
08.Les enfants s'ennuient le dimanche
09.Antoine Doinel
10.Arpeggio E Fuga
11.The Japanese Mistress
12.Que reste-t-il
13.Fragment (Of the Third Kind)

My First Jazz Vol.31-宮本貴奈:My First Jazz

Title : 『The Köln Concert』
Artist : Keith Jarrett

keith500.jpg


「キースの名盤中の名盤。高校の時に知人に聴かせてもらって衝撃を受けて以来、私のバイブル的アルバムです。劇場の透き通った空気感と、みずみずしいサウンド感。ソロピアノで全曲即興。ピアノ一台でこんなに表現できるなんて。「Less is more」とはまさにこのアルバムのことです。当時はコンセプトが新しすぎて、「ケルン(リクエスト)お断り」の張り紙があるジャズ喫茶もあったとか。」


Title : 『Gershwin Connection』
Artist : Dave Grusin

gershwinconnection500.jpg


「そしてもう1枚はDave Grusinの『The Gershwin Connection』。こちらも高校の時に毎日聴いていた、とってもゴキゲンなガーシュインの名曲集。最高のピアノプレイとアレンジ、選曲、音質、そしてピアノ鍵盤がお茶目なパッケージまでも、全てが素敵な作品。いつかこんなアルバムを作りたい、と思いました。映画音楽も手がけるGrusin氏だからこそのセンスとサウンドです。彼に憧れて、ジャズピアニスト/作曲家という道を目指すきっかけとなった一枚です。」 宮本貴奈


宮本貴奈

宮本貴奈 Official









My First Jazz

keith200.jpg

Title : 『The Köln Concert』
Artist : Keith Jarrett
LABEL : ECM Records
発売年 : 1975年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.Köln, January 24, 1975, Pt. I(LIVE)
02.Köln, January 24, 1975, Pt. II A(LIVE)
03.Köln, January 24, 1975, Pt. II B(LIVE)
04.Köln, January 24, 1975, Pt. II C(LIVE)





My First Jazz

gershwinconnection200.jpg

Title : 『The Gershwin Connection』
Artist : Dave Grusin
LABEL : GRP
発売年 : 1991年



アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01.That Certain Feeling
02.Soon
03.Fascinating Rhythm
04.Prelude II
05.How Long Has This Been Going On?
06.There's A Boat Dat's Leavin' Soon For New York
07.My Man's Gone Now
08.Maybe
09.Our Love Is Here To Stay
10.'S Wonderful
11.I've Got Plenty O' Nuthin'
12.Nice Work If You Can Get It
13.Medley: Bess You Is My Woman/I Loves You Porgy

My First Jazz Vol.30-maiko:My First Jazz

Title : 『Thinking of You』
Artist : 寺井尚子

thinkingofyou500.jpg


「ジャズに触れた作品はやっぱり寺井尚子さんのファーストアルバムかな。ジャズには大人っぽいサウンドの匂いがあるでしょう?私はそれまでジャズに触れたことがなかったから全体のサウンドの響きがとても大人っぽく感じて。しかもヴァイオリンでこう表現できるんだ!と衝撃を受けました。


ちなみに寺井さんとの出会いは偶然なんです。ちょうど大阪に遊びに行ってた時にHMVさんを覗いたら、たまたま寺井さんのインストアライブがあって。それまではジャズ・ヴァイオリンのことはよく知らなかったし正直そんなに良いイメージもなかった(笑)。でも実際聴いてみたらすごく良かったんです。」

maiko

maiko Official






My First Jazz

thinkingofyou200.jpg

Title : 『Thinking of You』
Artist : 寺井尚子
LABEL : 日本コロムビア
発売年 : 1998年



1998年発売のファーストアルバム。メンバーは野力奏一、坂井紅介、日野元彦。


アマゾン詳細ページへ


【SONG LIST】
01. ストールン・モーメンツ
02. 出会い
03. ドナ・リー
04. アイ・ラヴズ・ユー、ポーギー
05. パキラ
06. パハロ(鳥)
07. ダダ
08. ハイウェイ・アット・ミッドナイト
09. サマー・ナイト
10. ストレイト・ノー・チェイサー
11. シンキング・オブ・ユー

1  2  3  4

アーカイブ