feed markRSS
JJazz.Net Blog Title

ライブ情報 / LIVE INFOの最近のブログ記事

前の10件 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27

飛鳥ストリングス・ミーツ・北村聡 plays "アストル・ピアソラ" :ライブ情報 / LIVE INFO

ジェーン・バーキンのワールドツアーに参加するなど、活発に活動を展開しているヴァイオリニスト金子飛鳥。
彼女が定期的に開催しているライブイベント「飛鳥ストリングス meets ~~」シリーズの最新公演の決定です!
これまでに、ウーゴ・ファトルーソやヘラルド・ディ・ヒウストなどを迎えて最高の演奏を披露してきた注目のライブ。
今回は、中島ノブユキのエテパルマ・・アンサンブルなどでも活躍するバンドネオン奏者の北村聡を迎えて、今年没後20周年のアストル・ピアソラのレパートリーを演奏する一夜です。
毎回、リズムもメロディーもグッと来る演奏ですので楽しみでしかたがありません!


飛鳥ストリングス・ミーツ・北村聡 plays "アストル・ピアソラ"

日本が誇るコンテンポラリーストリングスが注目のバンドネオン奏者を迎えてピアソラ・イヤーに贈る、
スペシャルライブ!!

セントルイス在住のヴァイオリニスト・金子飛鳥率いる、わが国屈指のコンテンポラリーストリングス
"飛鳥ストリングス"が毎回ゲストを迎え行って来た定例公演。
2年連続のピアソラ・イヤー、没後20周年にあたる本年は、繊細かつ情熱的な話題のバンドネオン奏者・北村聡をゲストに迎え、定番曲から発掘曲まで、アストル・ピアソラのコラソンをたっぷりと再生します。
シークレットゲストにも期待!

<日時>
2012年4月5日(木)
開場:18時  
開演:20時

<会場>
CAY
[表参道スパイラルビル B1F]

<出演>
飛鳥ストリングス
Violin:金子飛鳥、矢野晴子、黒木薫、相磯優子
Viola:志賀恵子、藤原歌花   
Cello:江口心一、徳澤青弦   
Contrabass:松永孝義

ゲスト:北村聡(Bandoneon)

<料金(ミュージック・チャージ)>
前売予約:3,500円   
当日:4,000円

<問い合わせ / 予約>
CAY 03-3498-5790


金子飛鳥
金子飛鳥
ヴァイオリニスト 東京都出身。 画家の両親の下、4歳からヴァイオリン、ピアノを学び、幼少時から世界中の音楽や文化と出会う。1978年、東京芸術大学入学、在学中より沢田研二のサポート等でプロ活動開始。84年、「飛鳥ストリングス」を結成、活発なスタジオセッション活動を展開。87年、塩谷哲らと「Adi」を結成、アルバムデビュー。92年、初のソロアルバム「Multi-Venus」を発表。90年代は東急文化村の連続企画「Asian Fantasy Orchestra」の中核メンバーとなり音楽監督を歴任。 国境を越えた様々なミュージシャンと活動し、多くの海外公演。その後、ダンス・演劇音楽やCM、作編曲にまで活動を広げる一方、2000年以降は「Mother」(02)/ユニバーサル・クラシック)、「Betweenness」(04)等のソロアルバムを発表、多彩な活動を意欲的に展開。2007年7月、自身の平和への祈りを形にしたプライベートアルバム「Ave」を製作し、自らのレーベルDiscAveより発表した。また、ゆらぎの時間のための音楽制作、絵本/絵画/映像作家、舞踏家とのコラボレーション、こどもたちのためのワークショップ等に余念がない。 音楽に対する真摯な姿勢、卓越したテクニックに裏付けられた豊かな表現力、自由でしなやかな音楽性とキャラクターは国内外で高く評価されている。円熟期を迎え、重鎮プロデューサー/アレンジャーからの信頼も厚い、正にワールドクラスのヴァイオリニストである。素顔では太極拳などのボディーワークで心身を整え、無農薬素材を使った料理にいそしみ、マヤ暦の研究に余念がなく、参加する平和省プロジェクトでは運営委員を担う。米国人人類学者の夫、ハワイ生まれの長男の3人家族。2009年から米国在住。


北村聡
北村聡
奈良県出身。関西大学在学中にバンドネオンに出会い、小松亮太に師事。アルゼンチンでフリオ・パネのレッスンを受ける。またオルケスタ・エスクエラ・デル・タンゴで学び、大型タンゲリーア「エスキーナ・デ・カルロス・ガルデル」に出演。03年レオポルド・フェデリコの日本ツアーに参加。07年チリのバルパライソで行われた世界タンゴサミットに、またミゲル・バルベーロ・セステートのメンバーとしてモントリオールタンゴフェスティバルに出演。08年小松亮太の「若き民衆」公演ではピアソラの「プンタ・デル・エステ組曲」のソリストを務めた。10年オルケスタ アウロラでブエノスアイレス、モンテビデオのフェスティバルに出演、好評を得る。これまでに、鈴木理恵子、須川展也、鈴木大介、大萩康司、菊地成孔、川井郁子、夏木マリ、エゴ・ラッピン、パブロ・シーグレル、カルロス・アギーレ、ビクトル・ラバジェン・オルケスタ、仙台フィル、いずみシンフォニエッタ大阪と共演、NHK「龍馬伝」、「カーネーション」、「ビターシュガー」はじめ様々なレコーディングに参加。現在オルケスタ・アウロラ、クアトロシエントス、小松亮太&オルケスタ ティピカ、オルケスタ ティピカ パンパ、中島ノブユキ アンサンブル等で活動中。

昨年末にNY録音の新作『TRICOROLL(トリコロール)』を発表し、
JJazz.Netでもインタビューをお届けした渡辺香津美。
そのレコーディング・メンバーを従えてのライブが決定!
アルバムの世界観を、生で確かめるチャンスですね。

TRICOROLL


渡辺香津美 -TRICOROLL featuring ヤネク・グウィズダーラ &オベド・カルヴェール

日本が世界に誇るギタリストが新たなトリオで挑んだニューアルバムを携え繰り広げる、白熱のパフォーマンス

世界を舞台に、ギター・ミュージックの可能性を開拓し続ける渡辺香津美。N.Y.録音の最新作『トリコロール』もベスト・セラー中の彼が、そのレコーディング・メンバーと共に登場する。
ドラムスのオベド・カルヴェールは1981 年米国マイアミ生まれ。ウィントン・マルサリスやデヴィッド・キコスキーとの共演で注目され、現在はN.Y.を拠点に活動。当店にはリチャード・ボナのバンドで出演したこともある。
ベースのヤネク・グイズダーラは1978 年英国ロンドンに生まれ、フローラ・プリムに認められてN.Y.に進出。マイク・スターンやパット・メセニーとのセッション歴もある注目株だ。
常に新しいアプローチで多くのファンを魅了する渡辺香津美のネクスト・ステップが、ライヴで花開く。

<日時>
3月20日(火) 
[1st] 16:00開場 17:30開演
[2nd] 19:30開場 20:30開演

<会場>
ブルーノート東京

<料金>
6,300円(税込) ※ご飲食代別途

<出演>
渡辺香津美(ギター)
ヤネク・グウィズダーラ(b)
オベド・カルヴェール(ds)

<詳細>
http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/kazumi-watanabe/

*名古屋、大阪でも公演が決定しています。
3月19日月曜日@名古屋ブルーノート

3月21日水曜日@ビルボードライブ大阪

The Tokyo Improvisers Orchestra:ライブ情報 / LIVE INFO

Miya presents Connecting People」でヨーロッパの即興音楽シーンを伝えてくださったフルート奏者のMiyaさん。
ロンドンやベルリンからのレポートで、その存在を知ることができた即興音楽集団、「The Improvisers Orchestra」の日本バージョンがこの度、立ち上がります!!
ヨーローッパでいろいろなミュージシャンとコミュニケーションを取るうちに、日本でのImprovisers Orchestraを実現させたいという気持ちがどんどんと膨らんでいったMiyaさんを側で見ていて、今回の出来事は、「すごい!&おめでとう!」の一言。
たくさんの出会いと刺激は、こうまでも人を突き動かすのだと、今さらながら感動しています。

さてさて、内容の方はどうなるのかは当日のお楽しみ。
ミュージシャン自身が指揮者になるという独特のスタイルを持つ、この集団の演奏ルールに沿って展開されます。
記念すべき一回目の参加メンバーも面白いですね!
今後、海外からのミュージシャンも交えて、着実に発展していくことを願います。

インタビューゲストにも登場した、Wolfgang Geargsdorfさんのお祝いメッセージも熱いです!
こちらをチェック。

The Tokyo Improvisers Orchestra


The Tokyo Improvisers Orchestra 東京インプロヴァイザーズオーケストラ

東京インプロヴァイザーズオーケストラ。即興界はもちろん、クラシック、ジャズ、ロック、ポップス、などにも広く門扉を開けて、東京音楽シーンの縮図となるべく即興演奏の可能なプロフェッショナルが集う。だが、これは単なる無軌道な即興のオーケストラではない。TIOには指揮者が存在する。演奏家の中から指揮者を選出し、それそれの感覚に基づいて演奏を采配することで、演奏は秩序と無秩序を自在に往来することができ、また指揮者のセンスの違いを楽しむ事も可能なステージが生まれる。東京インプロヴァイザーズオーケストラは、またひとつ日本に新しい音楽の楽しみ方を提起し、世界各地のインプロヴァイザーズオーケストラと連動しながら新たな音楽の潮目を生み出す力になってゆくだろう。

<日時>
3月10日(土) 
18:00開場 19:00開演 20:30終了

<会場>
浜田山会館 杉並区浜田山1-36-3

<料金>
2,000円(予約) 2,500円(当日) 1,500円(学割 大学生まで 要学生証提示)

<お問い合わせ>
Team Can-On (チームカノン)
TEL 03-6804-6675
team.can-on@miya-music.com

出演者や会場地図、お祝いメッセージなど詳細は、http://cargocollective.com/miya/2721147

ギラ・ジルカ20周年記念コンサート:ライブ情報 / LIVE INFO

12月に「Jazz Today」でライブ演奏をご紹介したシンガー、ギラ・ジルカさんが活動20周年を迎えられます。

一昨年にソロデビュー盤『all Me』を、昨年2ndアルバム『appearance』を発表し、ノリにのっている彼女の現時点での集大成となるコンサートですのでお見逃しなく!

意外(?)なスペシャルゲストも登場するようで、笑いありの彼女らしいステージになりそうです。

ギラ・ジルカ


ギラ・ジルカ 20th Year Celebration Concert
- ギラ・ジルカ20周年記念コンサート -


20年前、私がタレントをやる切っ掛けを作ってくれた"ばんばん(ばんばひろふみ)"とステージで再会! 歌とトークで20年を振り返り、現在までの歩みをギラならではの「笑い」あるステージでお楽しみ下さい!
ギラ・ジルカ

2012年2月29日、六本木STB139にて活動20周年を記念した、これまでのギラの活動の集大成ともなるコンサートを開催します。ゲストには、自身が主宰した[voissalot choir]の面々、ギラと抜群のコンビネーションで男女デュエットを聞かせてくれるヴォーカリスト矢幅歩、そしてギラがタレントとしてデビューする切っ掛けを作ってくれた"ばんばひろふみ"等、他にも多くのギラと縁のある方々をお迎えし、ギラの現在までの歩みを振り返る事のできる特別なコンサートになります。ご期待下さい!

<日時>
2月29日(水) 
ドアオープン:18:00 / ショースタート:19:30

<会場>
六本木 STB 139 (スイートベイジル 139)
03-5474-1395

<料金>
6,000円

<チケット予約>
予約専用コール:03-5474-0139 (受付時間:月~土 11:00~8:00PM)

<出演>
ギラ・ジルカ(vo)
竹中俊二(g)
中島徹(pf)
コモブチキイチロウ(b)
岡部洋一(per)

ゲスト:ヴォイサロット・クワイヤー、矢幅歩(vo)、北村嘉一郎(voice Percussion)

スペシャルゲスト:ばんばひろふみ(vo)

<お問い合わせ>
有限会社スーパーボーイ / JUMP WORLD
03-3468-8240

ホセ・ジェイムズ with special guest テイラー・マクファーリン @ Billboard Live:ライブ情報 / LIVE INFO

ジャズのスピリットを受け継ぎつつも今の時代の音を聴かせてくれる
新世代ジャズ・ボーカリスト、Jose Jamesが間もなくやってきます。

前作では彼自身、音楽的影響を強く受けたというJohn Coltraneも在籍していた老舗ジャズ・レーベル
"インパルス"と契約(菊地さんのDCPRGもそうですね!)。
また、1978年生まれということで、ダンス・ミュージックやHIP HOPも享受してきた世代だけに、
今世界中で注目されているLAのビートメイカー、フライング・ロータスやムーディーマン、
そして日本のDJ/トラックメイカー、DJ Mitsu the Beatsらとのコラボレーションも納得です。

そんな新たなサウンドを追及するそのハイブリッドな姿勢こそ、
まさしくジャズと言えるのではないでしょうか。

ジャズとクラブを繋ぐ重要人物による貴重なライブ。これは楽しみです。
スペシャルゲストは、あのボビー・マクファーリンの息子、テイラー・マクファーリン!


Jose Jamses


Jose James and Special Guest Taylor McFerrin

ジャイルス・ピーターソンが惚れ込んだジャズ・ヴォーカリスト、ホセ・ジェイムズ。ミネアポリスに生まれ、NYの音楽大学でジャズを専攻した彼は、ロンドンのジャズ・コンテストでジャイルスにその才能を認められることとなり、2008年にアルバム『ザ・ドリーマー』でデビュー。独特のスモーキーな歌声とジャズの名曲の秀逸なカヴァーなどで一躍注目を浴びる。日本でも、クラブ・ジャズ・シーンはもちろん、幅広い音楽ファンから支持を獲得。今回はボビー・マクファーリンの息子であり、ホセのアルバム『ブラックマジック』でもコラボレーションを果たしたテイラー・マクファーリンがゲスト参加。オーセンティックでいて未来を感じさせる歌声とサウンドを極上のクラブ空間で堪能したい。

【Billboard Live Tokyo】
2月18日 (土) 19日 (日)
サービスエリア6,500円
カジュアルエリア4,500円

Billboard Live Tokyo公演詳細

ビルボードライブ東京

【Billboard Live Osaka】
2月20日 (月)
サービスエリア6,500円
カジュアルエリア5,000円

Billboard Live Osaka公演詳細

ビルボードライブ大阪


ホセ・ジェイムズとテイラー・マクファーリンの共演。このヒューマン・ビートボックスも聴けるか!?


ホセ本人もお気に入り、Mitsu the Beatsとのコラボ!
「DJ Mitsu The Beats - Promise in Love (feat. Jose James) 」


『BLACK MAGIC』収録、隠れた名曲
「BEAUTY / JOSE JAMES 」

JOSE JAMES Official Site

Nu Year Nu Jazz 2012 @ 代官山UNIT:ライブ情報 / LIVE INFO

進化するジャズの姿を体感できるライブ。ラインナップも非常に楽しみです~。

2012年"JAZZ始め"はこのイベントで!


120105-ewe-nu-jazz.jpg


Nu Year Nu Jazz 2012

2011年激動の一年から年を明け、進化形のジャズを創造し続けるアーティストたちがUNITに大集合する。
ストリートからジャズクラブまでのライブをUNITのフロアで一同にお届けするライブは、新たな一年を祝うイベントになる事は間違いない!クラブジャズの先駆者でもありDCPRG等でも活躍している驚異 のトランぺッター、類家心平が唯一率いるワンホーン・カルテット「類家心平4Piece Band」、そしてSOIL&"PIMP"SESSIONSのメンバーから構成されるピアノトリオ「J.A.M」、各方面から高い評価を得、現在は韓国やニューヨークなど海外へも活動の幅を広げているorange pekoeの「藤本一馬」、東京都内各所で月に20本のストリートイベントを行い、100~200人もの聴衆を熱狂させ続けている「横田寛之 ETHNIC MINORITY 」、DJ陣も人気急上昇の「大塚広子」等を迎えての豪華アーティストで繰り広げられる。全てのJAZZファンに、そして全てのミュージックファンに、このイベントをお届けする。2012年UNIT初ライブ!!

<日時>
2012/1/5(木)
Open 18:00 / Start : 18:30

<場所>
代官山UNIT
渋谷区恵比寿西1-34-17 ザ・ハウスビル B2F

<料金>
前売:4,000円
当日:4,500円

<チケット>
チケットぴあ【Pコード:159-099】
ローソンチケット 【Lコード:75313】
イープラス 12/23 (金)~ 一般販売開始

<出演>
類家心平 4 PIECE BAND
J.A.M (pianotrio from SOIL&"PIMP"SESSIONS)
藤本一馬 (from orange pekoe)
横田寛之 ETHNIC MINORITY

ーDJ-
大河内 善宏
大塚 広子


■タイムテーブル
18:00 OPEN (DJ START)
18:30 横田寛之 ETHNIC MINORITY
19:15 藤本一馬
20:15 類家心平 4 PIECE BAND
21:15 J.A.M
22:00 END

詳細はこちら


類家心平 OFFICIAL WEBSITE

J.A.M OFFICIAL WEBSITE

藤本一馬 OFFICIAL WEBSITE


横田寛之トリオ "ETHNIC MINORITY" OFFICIAL WEBSITE

土岐麻子、2012年最初のワンマンライブ:ライブ情報 / LIVE INFO

ベストアルバム「BEST! 2004-2011」のリリースを記念し、
品川プリンス ステラボールでの土岐麻子ワンマンライブが決定!
懐かしの曲から最新曲まで、土岐麻子をたっぷり詰めこんだ一夜限りのスペシャルライブです。

土岐麻子


Very BEST of Live! TOKI ASAKO -土岐麻子から伝えたいことのすべて- 2012 BESTOKIMEX
グッド!ずっと、土岐麻子!
 ベター!もっと、土岐麻子!!
  ベスト!きっと、土岐麻子!!!

<日時>
2012年2月25日(土)
17:15開場 18:00開演

<料金>
5,800円(税込) 全席指定/プレゼント付き ※ドリンク別

<出演>
土岐麻子
オフィシャルサイト

<会場>
品川プリンスホテル ステラボール

<チケット販売>
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:155-982
ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:70730
e+ http://eplus.jp/

<主催>
HOT STUFF PROMOTION

<後援>
エイベックス・エンタテインメント

<企画制作>
ソニー・ミュージックアーティスツ

<お問い合わせ>
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

and so on -metacompany presents-:ライブ情報 / LIVE INFO

ワールドミュージックと呼べるおもしろい音楽を配給している「メタカンパニー」が主催のライブイベント、
"and so on"。
異色の組み合わせがこれまたおもしろいです。
早くも二回目が決定!

and so on -metacompany presents-

and so on -metacompany presents-

異色の"音化学会"早くも第二回開催が決定!
こまっちゃクレズマ+おおたか静流はもはや定番ミラクルセッション!
ドレクスキップ+おおたか静流は初共演!

とにかく難しい関連性よりも音の感触やアーティスト各々の性質や志向を最重要視して、
組み合わせることで、未知なる化学反応を魅せてくれることに期待する企画。
今まであるようでなかった東欧クレズマー音楽と北欧音楽の同居・共存。
加えて、素晴らしいボーカルが入ることで生まれる奇跡の軌跡を体感したい!

<日時>
2012年1月22日(日)
開場:18:00 開演:19:00

<料金>
前売り:3,000円+ドリンク
当日:3,500円+ドリンク

<出演>
こまっちゃクレズマ(東欧音楽×クレズマー)× ドレクスキップ(北欧音楽)
special guest:おおたか静流

<会場>
西麻布 音楽実験室新世界
TEL:03-5772-6767

<お問い合わせ>
メタカンパニー
03-5273-2821
andsoon@metacompany.jp
http://www.metacompany.jp/andsoon_top.html

and so on 出演者

出演者プロフィール
■こまっちゃクレズマ
梅津和時:clarinet, bass clarinet, soprano sax, alto sax,vocal
多田葉子:alto sax, tenor sax, soprano sax, baritone sax, vocal
松井亜由美:violin
張紅陽:accordion, vocal
関島岳郎:tuba, recorder, trombone
夏秋文尚:drums, percussion

梅津和時が作った日本初のクレズマー・オーケストラ、ベツニ・ナンモ・クレズマーを前身に、旅まわり仕様の小編成の楽隊として、1996年から活動スタート。メンバーはPOP音楽の屋台骨を支える、地味だが強力な個性の集まりで、楽器の音色やアンサンブルを豊かに聴かせるなま音重視のバンドである。ライブを中心に活動し、国内はもとより、遠くモンゴルやロシアにも遠征、行く先々で拍手喝采を得た。近年はまた、海小屋、都電、廃校,古民家、ビニールハウスといった場所でのイベント企画、代々木アースガーデン、ナチュラルハイ等の野外フェス出演、ファッションデザイナーNOZOMI ISHIGUROとのコラボなど、単なるコンサートの形態に留まらないユニークな活動ぶりを見せている。また、歌手との共演も数多く、その歌心あるサポートぶりにも定評がある。これまで共演したアーティストに、おおたか静流、小川美潮、白崎映美、東京ナミィ、石川浩司、知久焼久、大工哲弘、原マスミ、早川義夫、巻上公一、ガレージ・シャンソンショーなど。タップダンスの熊谷和徳とも。おおたか静流とは、共作「すっぽんぽん」もリリースしている。最新作は2011年『井戸の底の星』。

http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/


■DRAKSKIP
榎本翔太/ニッケルハルパ、フィドル
野間友貴/ 5弦ヴィオラ
浦川裕介/ 12弦ギター
渡辺庸介/ パーカッション

Drakskipは京都発、新世代ユニバーサルインストバンド。
北欧を中心に世界の音楽を取り込んだそのサウンドは躍動的、前衛的でありながらもどこかなつかしい。
北欧の楽器ニッケルハルパを筆頭に、独特の楽器編成で4人とは思えない壮大なスケールの音楽を紡ぎ出す。
LAU、Goran Mansson、ALTANなど海外著名アーティストとも共演多数、年間ライブ本数は150本を越え、圧倒的なライブ体験は土地や世代を超えて様々な人の共感を得ている。

http://www.drakskip.net/


■おおたか静流
七色の声を持つシンガー&ヴォイス・アーティスト。
「声のお絵描き」主宰。声の可能性を求めてやまない。NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」にて楽曲提供及び歌唱。お茶の間に、斬新且つ懐かしい歌を散布している。
トルコ録音「SERENADE/セレナーデ」好評発売中。

http://sizzle-ohtaka.com/


出演者コメント
こんな企画が今までにあったのだろうか?
だって、このジョイント・ライブを企画したのはディストリビュートの会社なのだ。
レコード会社やレーベルとかが所属の同じミュージシャンを集めて、こういうライブを企画する事は今までも良くあっただろう。
でも、僕らを始め多くの音楽家がインディーズでそれぞれ独自のアルバムを作っていくこの時代、それぞれのバンドが自分のレーベルを持っている。
つまり、それって逆に音楽家同士の関わりは少なくなってしまうのかもしれない。
だから、単なる友達バンド同士のジョイントではなく、ディストリビューターといった立場から、それを俯瞰でき、このイヴェントの意味を見いだすことの出来るプロデューサーの役割は大きい。
特に今回のように、東京と京都、ベテラン(年寄りとは書きたくないので)と若者、といった接点の少ないバンド同士ではなおさらだ。
僕らも、おおたか静流さんも、このとてつもない才能を秘めた「ドレクスキップ」なるバンドとはこの日が初対面になる。
これはかなり刺激的なことだ。
お互いにとって、これがどういう化学変化を起こすことになるのだろうか?
仮に、その日のうちに変化が起こらなかったとしても、必ず後から「そうそう、あのライブがきっかけだったんだよね!」といった言葉が聞かれることになるように思うのだ。
皆さんはそんな現場の目撃者になる。
ぜひ、積極的な目撃者になっていただきたい。

梅津和時

********************************************
音楽を始めた頃、かつてはあんなに遠いところにいた人たちと一緒にライブできるなんて、、、そう思うとすごく感慨深いです。しかし1月22日は同じ土俵の上。負けじと思いっきり演奏します!北欧、クレズマー、ノンジャンルシンガーの組み合わせってそうあるもんじゃないですよ!今からワクワクしっぱなしです!!!

ドレクスキップ

********************************************
ずっと前にフィドルのいるバンド「Voice from Asia」をやっていたので、ちょっと懐かしいような、とても嬉しい出会いです。クレズマーとのブレンドも楽しみです。

おおたか静流

12/18(日) La Ronde Okotie vol.6 @ SARAVAH 東京:ライブ情報 / LIVE INFO

JJazz.Netにも出演いただいたことのあるジャズ評論家、ライター、ラジオ番組もやっている
大河内善宏さんがお送りするイベント、「La Ronde Okotie」。
毎回、異色の組み合わせが楽しみなライブですが、今回は近代、現代音楽とオリジナル演奏。
楽しみですね!

La Ronde Okotie vol.6

La Ronde Okotie(ラ・ロンド・オコティエ)vol.6 @ SARAVAH 東京

<日時>
2011年12月18日(日)
18:00 open/start 

<料金>
予約:3,500円(+1drink order)
当日:4,000円(+1drink order)

<出演>
Live:
世武裕子(piano,vo)
榎本玲奈(piano)
弦楽四重奏 from OFF CLASSICA【須原杏(Violin), 吉田篤貴(Violin)】

第1部:近現代ミュージック(Steve Reich, Francis Poulenc etc)
第2部:世武裕子カルテット(オリジナル曲)

DJ:
大河内善宏, 大塚広子

<会場>
SARAVAH 東京
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
03-6427-8886

清水靖晃&サキソフォネッツ 「zig-BACH-zag-PENTA」:ライブ情報 / LIVE INFO

"瓢箪から駒"的なアイディアから始まった、J.S. バッハと清水作曲の5音音階楽曲を交互に演奏するという
清水考案のプログラム。
本公演のために新曲と新しくアレンジしたバッハ「フーガの技法」から2曲を交えて演奏します。
さらに「マテマティカ2」の中から、今までコンサートで披露していない曲の再編曲を
メドレーにしてプログラムに盛り込みました。
リハーサルを重ねるごとにサキソフォネッツの密度が増幅、見逃せない公演になること間違いなし!

zig-BACH-zag-PENTA

清水靖晃&サキソフォネッツ 「zig-BACH-zag-PENTA」

<日時>
12月10日(土)開場 17:30 開演 18:00

<会場>
三鷹市芸術文化センター・風のホール
東京都三鷹市上連雀6-12-14(JR三鷹駅から徒歩15分)
http://mitaka.jpn.org/ticket/1112100/

<出演>
清水靖晃(テナーサキソフォン)
江川良子、林田祐和(テナー、ソプラノサキソフォン)
鈴木広志、東涼太(バリトンサキソフォン)

<料金>
全席指定 一般 4,000円 / 学生 2,000円

<お申込み>
三鷹市芸術文化センター電話予約チケットカウンター 0422-47-5122
(10:00-19:00 / 月曜休館、月曜祝日の場合、翌火・水曜休館)
インターネット予約 パソコン https://mitaka-art.jp/ticket、携帯 https://mitaka-art.jp/ticket-m

<詳細>
http://mitaka.jpn.org/ticket/1112100/

前の10件 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27

アーカイブ